国際結婚したけれど学生の頃、英語のテストは20点以下で落第寸前。

国際結婚したけど学生時代の英語のテストは20点以下の語学力留学/英語学習
スポンサーリンク

国際結婚したからもちろん英語はしゃべれるんでしょ?と、みんなからよく尋ねられます。

 

いいえ、私は英語がとても苦手です。

 

学生時代は英語を毛嫌いしていました。

ですが、大人になってから英語に興味を持ちました。

スポンサーリンク

英語の勉強が大嫌いだった学生時代

中学・高校時代は英語の勉強が1番嫌いでした。

嫌いというか勉強の仕方が分からず、まるで意味が分からなかったのです。

 

中学生時代に一番点数が悪かったテストは17点。

 

そのビックリするぐらい低い点数をたたき出した教科は「英語」でした。

 

高校生の3年間に1度だけ欠点を取ったことがあります。

その教科も「英語」でした。

 

そんな私が英語に興味を持った理由は、プロフィールでもご紹介したように、洋楽とファッションと海外旅行でした。

 

母親が洋楽好きで、幼いころから洋楽を良く耳にしていました。

 

高校生くらいになり英語の勉強は嫌いなものの、洋楽にどっぷりハマり意味が分かればいいのにな~と、ちょっとした希望は持っていました。

 

その後20歳になり、相変わらず洋楽が好きなまま初めての海外旅行に行くこととなります。

英語が話せない私の海外旅行

人生初の海外旅行

当時通っていた専門学校が企画した研修旅行。

このツアーを利用し、人生初の海外旅行となるイギリスのロンドンへ。

 

何もかもが初体験でキラキラ眩しく、ハタチになったばかりの私にはとても刺激的だったことを覚えています。

 

当時は英語が全く話せず、

「ハウアーユー?」

に対して「・・・。」っという苦笑いでしか対応できない、典型的な日本教育しか受けていない昭和生まれのわたし。

 

それが悔しくて…

帰ってきたら、すぐに勉強を始めた!!

 

 

訳ではありません。(笑)

 

むしろボディーランゲージのみで会話が成立することに喜びを覚え、初海外旅行からわずか3か月後に、いちばん興味があった国に旅行します。

初海外からわずか3ヵ月で2度目の海外旅行

2度目の海外旅行はアメリカのロサンゼルスに行きました。

(イギリスとアメリカ2回の旅行で、高校生からアルバイトでコツコツ貯めたお金が全て使い果たしました。)

 

このLA旅行はツアーではなかったので、観光やレストランや買い物など全て自力で行った為、ほとんど話が通じず、英語力のなさに落胆した記憶があります。

 

英語が話せないゆえにコミュニケーションが取れず,フレンドリーな店員さんや、親切にしてくれた地元の人に大変失礼な態度を取っていました。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

そして遂に…

英語を勉強しようっ!と一念発起。

 

 

した訳ではありません。(笑)

海外旅行後に就職

2か国の海外旅行から戻り、内定を頂いた会社で就職をしました。

就職後は毎日忙しく働き、日々の出来事に精一杯だったので、英語を話したいと思う気持ちがだんだんと薄れていきました。

 

ですが、就職から数年が経ち海外に対する憧れや英語を話したいという気持ちが、再び復活してきました!

 

それからは留学やワーキングホリデーについての説明会やセミナーに参加し、情報収集をするようになりました。

 

やっぱり私は英語を勉強するべきだ!と気づき、会社を辞めることにしました。

英語の勉強の為に留学に行く

資金調達

仕事を辞めた後は留学資金を貯める為、フリーターとして1年間、昼も夜も働くことになります。

 

21歳から1人暮らしをしており、アパレル店員として就職していたので貯金が全くなかったのです。

 

頑張って1年間働いた後、目標金額を貯金することができました。

 

初海外から5年経ち遂に念願の語学留学に行くことになります。

セブ島へ留学

私が選んだ留学先はフィリピンに所在するセブ島でした。

 

わずか4週間のとても短い期間でした。

そんな短期間を留学と呼んでいいものか、今でもちょっとためらいます。

どちらかと言うと、長期休暇ですよね。(笑)

 

入学テストで英語力をチェックしますが、私の英語力はいちばん下のレベルでした。

 

同じ日に入学したメンバーで、最下位のレベルです。

 

そんな私でしたが月~金まで毎日8時間の授業を受け、4週間後の卒業のテストの際には、レベルが4段階アップしました!

 

4週間頑張って勉強した結果、海外旅行の際、現地の人とコミュニケーションがとれる。

日本で外国人観光客から英語で尋ねられても、だいたいは答えれる。

 

それくらいの英語力は身に付きました。

(英語のテストが欠点で17点だった私からするとかなりの進歩です。)

日本へ帰国

少しだけ英語が話せるようになったタイミングで、留学期間が終了し日本へ帰国しましたが、

英語を話したい熱は冷めず、むしろメラメラと燃え上がっていました。

 

帰国後は、セブ留学時に担任だった先生が個人レッスンをSkypeでしてくれたり

(無料でしてくれてました。優しすぎます。)

 

Skypeで安く英会話ができるサービスなどを使用していました。

帰国後も毎日、英語の勉強をしていました。

 

この時期くらいに2年ほど付き合っていた日本人の彼氏と別れる事になり、次は英語を話す外国人と付き合いたいっ!と思い、アクティブに出会いを求めた行動を始めます。

 

外国人がたくさんいるBARやクラブに行き、外国人の登録が多い出会い系アプリに登録したり、英語も出会いも全力で頑張っていました。(笑)

 

この時期が人生でいちばん英語が話せた時期だったと思います。

このアクティブな活動を機に今の夫と出会うことになります。

まとめ

私が英語に興味を持った理由は、洋楽や海外のファッションが好きだったことと、初めての海外旅行が楽しくて、英語への憧れが強くなったことでした。

 

ほんの些細なことがきっかけで英語に興味を持ちはじめ、留学での経験によって私の人生は180度変化しました。

 

夫が日本語を話せるので、最近ではなかなか英語を使う機会がありませんが、今でもゆるーく英語の勉強を頑張っています!

コメント