【釜山】ユケハンユッケで生レバーやユッケやアワビを食す(유쾌한 육회)

【釜山】新鮮な生レバーやユッケなど が食べられる「ユケハンユッケ」旅行
スポンサーリンク

韓国の釜山では「ユッケ」や「生レバー」を食べる事ができるのをご存知でしょうか?

今や日本では幻と化した「生レバー」ですが、韓国では今も「生レバー」を食べる事ができるのです。

なんて素晴らしい国なのでしょうか。

 

何を隠そう、実は私「大の生もの好き」です。

刺身など海鮮系の生ものも大好きですが「ユッケ」や「生レバー」など、お肉の生ものが本当に大好きなのです!

そこで今回は「これを食べる為に釜山へ行ったと言っても過言ではない!」

「生レバー」「ユッケ」「アワビ」などを食べる事ができる【ユケハンユッケ(유쾌한 육회)】をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ユケハンユッケ(유쾌한 육회)

富平市場ブピョンシジャン」のすぐ近くに「ユケハンユッケ(愉快なユッケ)」があります。

私たちが向かったのは日曜日の22時頃でした。

日曜日の22時だというのに、店内は地元の人や観光客でとても賑わっていました。

私たちは運よく待つことがなく、店内のテーブルへ座ることができました。

ユケハンユッケ メニュー

店内を見渡してみると、ハングルで書かれた写真付きのメニューと、日本語の文字だけで書かれたメニューがありました。

しばらくすると席で見れるように、スタッフの方が写真付きの日本語メニューを持って来て下さいました。

メニューには日本語も書かれているので、問題なく注文することができますが、スタッフのお兄さんは日本語がペラペラなので、韓国語は話せない方でも不安に思うことはありません!

あまりにも日本語が上手だったので、聞いてみると日本へ留学経験があるそうです。

わたし
わたし

韓国語が分からないので、とっても心強かったです!

パンチャン(おかず)

パンチャン(おかず)とビールを飲みながら、盛り合わせを待っていると…

夢のような生ものの盛り合わせがやってきました!!

レバー盛り合わせ

私たちが注文したのは、50,000ウォンのホワイトボードに日本語で書かれている「レバー盛り合わせ」です。

店内の壁に貼られたハングル語の写真付きメニューの場合、生レバーではなく韓牛刺(ハヌ)でした。

これだけ豪華で約4,600円…。

日本じゃ絶対にありえないコスパの良さ!

 

写真だとお皿が小さく見えますが、女性2人だとかなりお腹いっぱいになる量です。

生レバー

レバーは角が立っていてプリプリのモチモチ。

全く生臭くなくて、毎日でも食べたい。

日本でもう食べられないのが本当にショックです…。

ユッケ

ユッケは臭みが全くなく、甘さが引き立っていました。

ユッケは韓国のりとチーズで包んで食べるように説明を受けました。

チーズと韓国のりの組み合わせも美味しかったですが、そのまま食べる方がよりユッケ感を味わえます。

 

韓国のユッケには、果物の「梨」が付け合わせとして、お皿に盛られているのですが、コレがかなり合う!

初めて食べた時はとても驚きましたが、今では日本も真似したらいいのに。と、思うほど

「ユッケ」+「梨」の組み合わせが最高でした!大好き♪

アワビ

アワビは小ぶりでしたが、コリコリ歯ごたえがあるけど、柔らかい!

海の香りを感じました。

アワビの肝も食べることが出来て感動!

苦みも臭みも全くなかったです。

サンナクチ(テナガダコ)

「サンナクチ(テナガダコの踊り食い)」は、何度食べても「わぁ~!きゃ~!動いてる!」と、テンションが上がるものです。

私は好きですが、苦手な人は苦手かも…?

以前、ソウルでサンナクチを食べた際には、アメリカ人の夫は「ホラー」のようだと、食べるのを躊躇っていました。(笑)

わたし
わたし

こういうのって、欧米からするとかなりグロテスクなのでしょうね。

お酒

ソジュ(焼酎)

日本が堪能なお兄さんにおすすめしてもらった、ピンク色の可愛い「ソジュ(焼酎)」

隣にいた韓国女子も同じものを飲んでいました。

発泡していて、シャンパンのような感じでした。

結構甘くて、甘いお酒があまり得意ではないので1本飲み切って終了。

でも、女子ウケがいいお酒には間違いないです!

 

次におすすめしてもらったのは、釜山では1番人気で有名だという「ソジュ(焼酎)」

ラベルが海のイラストになっていて可愛い♪

そこまで甘くなくて、飲みやすかったです。

 

カラマンシー

一緒に行った韓国マスターの友人は、オリーブヤングで購入した「カラマンシー」の液体を持参して、ソジュをカラマンシーで割って飲んでいました。

これだとソジュが苦手な方でも飲みやすくなると思います。

わたし
わたし

酸っぱくて体にも良さそう!

 

カラマンシーはフィリピンで人気の柑橘類なのですが、まさか韓国でも人気だったとは知らず。

セブ島留学で仲良くなった、韓国人の女の子がカラマンシーを好きだったので、ただ単に好きなんだと思っていたら、韓国では定番の柑橘類だったのですね。

「カラマンシー」は、日本でいう「シークワーサー」に似ていると言われています。

 

本当に美味しくて大満足な「ユケハンユッケ(유쾌한 육회)」でした。

これを食べに釜山に行ったと言っても過言ではありません。

お店の前の生け簀には「テナガダコ」と「アワビ」がスタンバイ。

わたし
わたし

また絶対に来ます!

 

食事後は「富平市場ブピョンシジャン」内を探索しましたが、0時前だったので店じまいを始める屋台ばかりでした。

日本語が堪能なお姉さんがいて、少しだけお姉さんと雑談をして富平市場ブピョンシジャンを後にしました。

 

そして、もう一軒別のお店で刺身を食べるべく、夜の街を探索しました。

アクセス

【住所】20−18 Bupyeongdong 2(i)-ga, Jung-gu, Busan, 大韓民国

(부산광역시 중구 부평동2가 20−18)

【電話番号】+82 10-9950-2232

【営業時間】16:00~02:00

店内Wi-Fiあり

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソウルよりも日本に近い「釜山」で食べる事ができる「生レバー」や「ユッケ」の盛り合わせをご紹介しました。

この記事を書いている今でも、よだれが出そう…

近々、また釜山に「生レバー」と「ユッケ」を食べに行きたいと思います。

 

次回も「釜山」のグルメ記事を更新します。

ご覧頂けると、とても嬉しいです。

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

コメント