【釜山】シアホットクが有名な「BIFF広場」で食べ歩きとショッピング

「BIFF広場」で食べ歩きとショッピング旅行
スポンサーリンク

弾丸!1泊2日で釜山グルメツアーへ行きました。

今回は釜山の観光名所のひとつ南浦洞ナンポドンにある「BIFFビップ広場」についてご紹介しています。

わたし
わたし

屋台がたくさんあって楽しいエリアでした!

スポンサーリンク

BIFF広場

BIFFビップ広場」は南浦洞ナンポドンエリアにあり、釜山で1番の繁華街となります。

屋台がたくさん出店されていて、食べ歩きをしながらショッピングもできるという、女性には堪らなくテンションが上がる場所です。

ソウルでいうと「明洞ミョンドン」に似ているというと、分かりやすいでしょう。

「BIFF」の読み方は「ビップ」で、世界的に有名な映画祭「Busan International Film Festival(釜山国際映画祭)」の頭文字をから名前が付けられています。

 

屋台

私たちが訪れたのは日曜日の19時頃でした。

日曜日だと思えないほどの人の多さビックリ!

歩けない程の人混みではありませんでしたが、地元の人からもとても人気な場所なんだと感じました。

どんなグルメがあるの気になりますよね?

どれも美味しそうで、何を食べたら良いか真剣に悩みました!

一番多く見られたのは「キンパ」「マンドゥ」「トッポギ」「スンデ」「オデン」など、韓国で人気な料理たち。

観光客よりも地元の方が多く利用していました。

「家庭の味」というイメージなのでしょう。

これもよく見かけたソーセージとトッポギの串焼き。

美味しそうだけど、ボリュームが凄いので今回はパスしました。

食べた残骸がディスプレイされている「カニクリームグラタン」屋さん。

ディスプレイが斬新…(笑)

釜山といえばタコが有名!

日本でもおなじみのフランクフルトと焼き鳥。

でも味付けは「普通」「ちょい辛」「激辛」ととても韓国テイストですね。

食事系だけではなく、デザート系も充実していました。

フレッシュなフルーツやイチゴ飴など、日本の出店を彷彿とさせるような屋台から「焼きマシュマロ アイスクリーム」といった、変わり種もありました。

 

シアホットク

BIFFビップ広場」で必ず食べた方がいい!と、韓国マスターの友人から教えてもらった「シアホットク」のお店を探します。

すると、とても分かりやすい場所に出店していたのですぐに見つける事ができました。

お店の目印は紙コップにプリントされたこちらのロゴです。

時間帯によっては、かなりの行列になる事もあるそうですが、私たちが訪れた19時頃だと5組ほどが並んでいるだけでした。

普通の「ホットク」と「シアホットク」の、何がどう違うかというと「シアホットク」には「ナッツ」と「種子」が入っているのです。

揚げた「ホットク」をハサミで切り、その中に「ナッツ」と「種子」をたっぷり詰め込みます。

 

5分ほど並んで無事にゲット♪

お値段はひとつ1,300ウォン(約115円)

ナッツの歯ごたえと香ばしさ、シナモンシュガーの甘さが相まって最高のコンビネーション!

1人でひとつ食べたかったけど、まだまだ食べたいものがあったので、ひとつを友人とシェアして我慢…

わたし
わたし

もっと食べたかったな~!

ショッピング

この「BIFFビップ広場」周辺には、ショッピングができるお店もたくさんあります。

韓国に来る女性であれば必ず訪れるであろう「オリーブヤング」通称「オリヤン」!

BIFFビップ広場」の「オリーブヤング」の地下1階には「アウトレット」があります。

「オリーブヤング」のアウトレットは、韓国内でも非常に珍しいそうなので、釜山に行くなら必ず行きたい場所のひとつです。

 

その他に日本の「ユニクロ」や「ダイソー」もありました。

ダイソーは日本と売っているものが異なり、韓国商品がたくさん売っているので、バラマキ用のお土産購入にも最適です。

【右】ダイソーで1,000ウォン(約92円)で購入!

コンビニやスーパーだと1,500ウォン~2,000ウォンほどだったので、ダイソーで購入するのがお得です。

【左】コンビニで購入

(※ダイソーでは購入できません。)

日本では販売されていない味の「オレオ」

こちらもダイソーで1,000ウォン(約92円)で購入できます。

わたし
わたし

アメリカ人の夫が「オレオ」好きなので、こちらはダーリンの為に購入しました!

アクセス


【住所】58−1 Gudeok-ro, Nampo-dong, Jung-gu, Busan, 大韓民国

(부산광역시 중구 남포동 구덕로 58−1)

シアホットクの屋台がある場所はこのマップのポイントです。

この辺りに行けば屋台やショップがたくさんあるので、この場所をポイントにして周辺を探索して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美味しい屋台料理を食べる事ができ、ショッピングまで可能な「BIFF広場」

「小腹」と「物欲」を満たしてくれる、最高に素敵な場所でした!

老若男女問わずに必ず楽しめる場所なので、とってもおすすめです!

 

次回も釜山の旅について更新します。

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

【釜山】ユケハンユッケで生レバーやユッケやアワビを食す(유쾌한 육회)
韓国・釜山ではユッケや生レバーが食べれるのをご存知ですか?なんて素晴らしい国なのでしょう。今回は生レバー・ユッケ・アワビなどを食べる事ができる【ユケハンユッケ(유쾌한 육회)】をご紹介します。これを食べる為に釜山へ行ったと言っても過言ではありません!
【釜山】チャガルチビュッフェはユッケ・生レバー・焼き肉が食べ放題!
焼肉・海鮮・生レバー・ユッケ・韓国料理などがビュッフェ形式で好きな物だけを食べる事ができる「チャガルチビュッフェ」こちらで食べる事ができるメニューをご紹介します。食べ放題なので、限られた時間しかない旅行者にピッタリなレストランです。
【釜山・南浦洞】タッセウ通りで「済州(チェジュ)エビ」を食す
釜山で大ブーム中のタッセウ(済州チェジュエビ)を食す!富平市場からチャガルチ市場に行く途中に見つけた「タッセウ通り」深夜にも関わらずローカルで賑わう食堂で女二人で深夜飲みスタート!
【釜山名物】ナクチポックンが食べられる「ケミチプ(개미집)」へ!
【釜山】アワビ粥やウニとアワビのスープが食べられる「済州家」
【釜山】チャガルチ市場で海鮮!韓国最大級の海産市場でシーフードを
釜山の観光名所で韓国最大級の海産市場「チャガルチ市場」をご紹介!金海国際空港から約45分ほどで到着します。地元民や観光客から愛されている海産市場で、海鮮が好きな方はもちろんの事、販売されている海産物を見るだけでも楽しく過ごせます。
1泊2日弾丸旅行!釜山22時間の滞在、グルメ旅モデルプランをご紹介!

コメント