日本で国際結婚する時に必要なもの。婚姻届け提出方法を詳しく解説!

日本での国際結婚の手続き国際結婚
スポンサーリンク

国際結婚の手続きは大変だった!と良く聞きます。

 

私の場合はアメリカ人との結婚でしたが、特に大変な事はありませんでした。

市役所で手続きをちゃちゃっとしてすぐに終わりました。

もちろん準備は万全にしていきましたが案外簡単に入籍できたので、拍子抜けでした。

スポンサーリンク

アメリカと日本の婚姻届けの違い

夫は日本の市役所の事務的な対応に、ビックリ&ショックを受けていました。

アメリカでは家族や親友など、深い関係の人たちと一緒に市役所に行き別室で誓いの言葉や結婚式的な行事を軽めに行うそうなのです。

 

日本って事務的に書類を提出して役場の方に確認してもらって終わり。

(親切かつ丁寧なご対応で、何も問題はありません。むしろすごく親身に色々して下さいました。文化の違いなだけです。)

私はそれが当たり前だと思っていたので、むしろアメリカ式の婚姻届けの提出方法に衝撃を受けました。

私たちの婚姻届け提出にあたって必要だったもの

2人で必要なもの

・婚姻届け

・証人になって頂く方2名の署名

・印鑑

(私の分、結婚相手が外国人の場合は署名で大丈夫)

・戸籍謄本(私分)

・本人確認書類(免許証やパスポート)

 

ここまでは日本人同士の結婚とほぼ同じです。

外国人との結婚の場合に必ず必要になるもの

【パスポート】

外国人の方はパスポートの提示が必須です。

 

【婚姻要件具備証明書または宣誓書】

自国の大使館で取得します。

 

私の夫はアメリカ人なので、アメリカ大使館に取得しに行きました。

(事前にアポイントメントが必要だったみたいです。)

 

大使館の営業が平日のみの為、夫は仕事を休まないといけませんでした。

 

英語で書かれた【宣誓書】に両親の名前や出身地や実家の住所、アメリカで結婚歴などの項目を穴埋め形式で記入して、そのあとに日本語に訳します。

アメリカ大使館では、日本語訳用の用紙も頂けたので、英語で穴埋めしたものをカタカナ表記にするだけで簡単でした。

 

日本の法的な手続きは以上を提出し、市役所職員の方にチェックして頂きます。

国際結婚の場合の名字

苗字をどうするか

私の場合は日本でも夫の苗字になる事を選びましたが、外国人と結婚する場合、日本姓のままの方も多くいらっしゃいます。

将来的に海外移住や旦那さん側の国に移住する場合、

日本以外(夫側の国)では夫の苗字を名乗って(法的にも)日本では旧姓のままにする。

これが一番、ラクな方法だと思います。

 

国によってルールは異なるので、結婚相手の国のルールを確認する必要があります。

アメリカの場合は州によってもルールが異なるそうなので、詳細は直接問合せするのが確実です。

夫のアメリカ姓に変更

私は、夫のアメリカ姓を日本でも適用することにしました。

夫のアメリカ姓にしたかった。と言うよりかは、するしかなかったのです。

 

というのも、入籍前に旅行為の航空券を購入しました。

パスポートの更新が必要だった為、何も考えずに夫のアメリカ姓に変わったあとの名字で予約しました。

LCCだった為、名前の変更ができず言わずもがな苗字を日本名のままにするという選択肢を失いました。(笑)

苗字の変更はやっぱり面倒くさい

日本名のままでもいいと全く知らなかった為に、面倒くさいことがたくさん起こりました。

免許証や銀行の名義、クレジットカードや印鑑など、あるとあらゆるものをカタカナの苗字に変更しなくてはならない。

そして、日本人以外のなにものでもない私のノッペリ顔のせいで、ハーフのような名前に周囲がざわつく。

 

面倒な結果となってしまいました。(笑)

私の戸籍

結婚するとだいたいは夫の戸籍に入るという事が多いと思います。

ですが夫が外国人の場合、筆頭の戸籍名は私となります。

 

この場合もカタカナが名字となる為「ブラウン花子」のように、ちょっと笑っちゃう感じの戸籍が出来上がります。

戸籍のことまでは考えていなかったので、正直驚きました。いろいろともっと情報収集するべきでした。

国際結婚と苗字

苗字を夫の名にした事に対して、若干の後悔はあったものの、結果としては良かったと思います。

好きな人と結婚してその人の苗字を名乗るという事にやはり喜びを感じています。

 

ただ日本で国際結婚後にすぐ海外移住するという方は、クレジットカードや銀行名義などの変更がけっこう大変なので、日本名のままがいいかもしれません。

 

ちなみに「ブラウン山本花子」のように、ミドルネーム形式の名前を法的な名前にする為には、家庭裁判所での手続きが必要でけっこう時間がかかるそうです。

私の第一希望はこれだったんですが、わざわざ時間をかけてまでミドルネームが必要だった訳じゃないので諦めました。

 

お仕事で日本名も必要な場合は、実際にこのような手続きをされている方も多くいらっしゃるようです。

少し時間はかかっても夫の姓と旧姓の日本名を残したい場合は、申請してみてもいいかもしれません。

まとめ

日本での国際結婚・婚姻届け提出は、日本人同士よりかは少しだけ提出物が多いです。

ですが、それほど難しいことはありません。

 

国際結婚が大変だというのは、ほとんどVISAの問題だと思います。

(※私たちはこの段階ではアメリカ移住の為のVISAはノータッチです。)

 

ちなみに、結婚後に夫が日本のVISAを更新しに行ったら、結婚前と同じ1年のVISAが下りたようで、ショックを受けていました。

私たちと同じ旦那さんがアメリカ人で奥さんが日本人のカップルは、5年のVISAが下りたそうです。

コメント