【ハノイ】名物B級グルメ!ブンチャーとフォーの名店でベトナム料理を味わう

【ハノイ】名物B級グルメ!ブンチャーとフォーの名店でベトナム料理を味わうハノイ
スポンサーリンク

最近はお気に入りの国に旅行に行く事が多いですが、今回は初めてベトナムの「ハノイ」に行きました!

行き慣れた国の旅は楽ちんですが、初めて訪れる国は分からない事だらけなので、不安もありますが、それ以上にワクワクがいっぱいです!

 

ベトナムへは下調べをたくさんしてから行ったので、とっとも効率よくスムーズに旅行をする事ができました。

今回は「ハノイ」の名物B級グルメ「ブンチャー」と、ベトナムの名物B級グルメ「フォー」の名店をご紹介します!

スポンサーリンク

ハノイ名物ブンチャーの名店「ダックキム(Bun Cha Dac Kim)」

ブンチャーとは

ブンチャーはベトナムの中でも「ハノイ」から誕生した料理となります。

白米麺(素麺みたいな見た目)に、炭火焼の豚肉とつくねの甘辛スープのつけ麺というイメージです。

Búnchả(ベトナム語: [ɓǔnca᷉ː])は、ベトナムのハノイから発信されたと考えられる、豚肉と麺のグリルのベトナム料理です。

Búnchảには、白米麺(bún)とハーブのディップソースが添えられたプレートの上に、脂肪の多いポーク(chả)が添えられています。

出典:Wikipedia

 

日本人に馴染みがあるような味なので、アジア料理は苦手…

という方も問題なく食べれるのが「ブンチャー」です。

香草や辛い物が苦手な方は、添えられている野菜を入れなければOK!

 

ダックキム(Bun Cha Dac Kim)メニューと店内

メニューは「ブンチャー」一択!

という事で、注文する前から仕込まれています。

こちらのお店は3階建てです。

1階はキッチンと何席かテーブルが用意されています。

私たちは15時頃に伺いましたが、全く並ぶ事なく、2階の席へ通されました。

赤い看板には「Hang Manh通りのブンチャー・キムダックは偽物(模倣)店なので、気を付けてね!」と書いてあります。(笑)

 

席に着くとスタッフの方がメニューを持って来てきてくれます。

英語表記もあるので、ベトナム語が分からなくても問題ありません。

メニュー
・COMBO…ブンチャー、春巻き2本【100,000ドン≒470円】
・BUN CHA…デフォルトのブンチャー(白米麺、炭火豚肉のスープ)【60,000ドン≒280円】
・BUN NEM CUA BE…白米麺、春巻き3本【65,000ドン≒300円】
ドリンク
・ハノイビール【20,000ドン≒95円】
・ソフトドリンク【15,000ドン≒70円】
・水【10,000ドン≒50円】

値段がしっかり書かれているので、観光客は別価格というような事はありません。

ですが、こちらのレストランは有名店だけあり、ローカルなブンチャー屋さんより少し価格が高いようです。

それでもまだまだ安いという事に、変わりありません!

 

何にしようか迷っていると、スタッフのおばさんが指さしで「コンボ1つ、ブンチャー1つで、春巻きをシェアしたら、ちょうどいいわよ!」と(たぶん)言っていたので、ひとつずつ注文しました。

 

ブンチャー

注文するとまず「ブン(白米麺)」と付け合わせの香草野菜がテーブルへ運ばれてきます。

その時間、なんと10秒!

どんなファストフードよりも早い提供時間。

 

そして、もちろんビールも注文!

ビール1本100円もしないのです。

恐るべし!物価が安い国ベトナム!

 

ビールを飲みながらスープと春巻きが来るのを待ちますが、1分もすれば全て提供されました。

早すぎてびっくり!

注文が入る前から、すでに1階でほぼブンチャーの準備されていましたもんね。

 

こちらが春巻き付きの「コンボ」と「ブンチャー」です。

「炭火焼の豚肉」と「つくね」が、たくさん入っていて、ボリュームたっぷり!!

女性だと、スープと香草野菜だけでも、十分にお腹いっぱいになります。

 

私は香草野菜が大好きなので、野菜をスープに付けてモリモリ食べました。

パクチーやシソやレタス、ミントやバジルなど、香草野菜好きには堪らない野菜のセット!

他にも色々入っていて美味しかったのですが、知識不足の為、何の野菜か分かりませんでした。

 

春巻きは、ミンチ肉と春雨みたいなのが入っていて美味しかったです。

少し脂っぽいので、お店の方の言う通り2人でシェアでちょうど良かったです。

 

テーブルには「唐辛子」と「にんにく」が常備されているので、味変したい時に丁度良いです。

何も入れなくても十分美味しかったですが、私は両方好きなので投入!

コンボ×1、ブンチャー×1、ビール2本で約940円のランチでした。安っ!!

 

「ダックキム(Bun Cha Dac Kim)」アクセス

【住所】1 Hàng Mành, Hàng Gai, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム

【営業時間】9:00~21:00

 

ベトナム名物フォーの名店「フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)」 

旧市街地でフォーを食べるなら「フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)」 がオススメ!

朝は6:00から開店しているので、朝ごはんに丁度いいです。

お昼は閉店して、夜にまた開店するので伺う際は要注意!
最後に営業時間を記載しているので、参考にしてみて下さい。(変更する可能性あり)

フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)」メニュー

メニュー
・Pho Tai(半生の牛肉トッピング)【45,000ドン≒210円】
・Pho Chin(茹でた牛肉)【45,000ドン≒210円】
・Pho Tai Nam(半生と茹でた牛肉両方)【50,000ドン≒240円】

私たちは午前中の閉店前の9:30過ぎに伺いましたが、5分ほど待って食べる事ができました。

観光客よりも、地元の方が多い印象でした。

 

流れ作業で、フォーが仕上げられます。

列に並んでから注文して、自分が注文したフォーが出来上がるまで、待って席に着きます。

全てセルフで席の確保は必須なので、1人旅の方は注文前に席の確保をしていた方が安心です。
2人以上の場合は注文で並ぶ人と席を確保する人に別れればOK!

フォー

私たちは半生と茹でた牛肉が両方入った「Pho Tai Nam」を注文しました。

発音が分からなかったのですが、そのまま読んで「フォー・タイ・ナン」と言えば通じたので、他のメニューもそのまま読んだら通じると思います。

 

牛肉たっぷりで1杯約250円!!

安すぎて衝撃な値段です…

 

唐辛子や醤油、シラチャーのようなピリ辛なソース、沖縄のコーレーグースのような?透明な調味料(たぶんお酢+唐辛子)が置いてあり、自分好みの味付けにする事ができます。

 

そのまま食べると、かなり優しい味です。

二日酔いの朝にぴったりなヤツ。(笑)

前日は遅くまで飲んでいたので、最高な朝食になりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍜🌶💙 #phogiatruyen #breakfastofchampions #missyouvietnam

Elizabeth Parmer Murray(@parmerlane)がシェアした投稿 –


メニュー表には3つしかメニューが載っていませんでしたが、揚げパンみたいなのを食べているローカルの方が多かったので、たぶん美味しい組み合わせなのでしょう。

台湾とか中国のお粥と食べる、揚げパンのような感じでした。

「フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)」アクセス

【住所】49 Bát Đàn, Cửa Đông, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム

【営業時間】6:00~10:00 / 18:00~20:30

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハノイ名物B級グルメ「ブンチャー」の名店「ダックキム(Bun Cha Dac Kim)」

ベトナム名物B級グルメ「フォー」の名店「フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)」をご紹介しました。

 

どちらのお店も名店だけあって、とても美味しかったです。

そして驚きの安さ!!

 

ベトナムへは今回初めて行きましたが、かなり虜になってしまいました。

しばらくは、ベトナム「ハノイ編」の記事をお届けする予定です。

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

コメント