はじめての海外留学へ!選んだのは海がキレイなフィリピンのセブ島。

はじめて一人での海外留学留学/英語学習
スポンサーリンク

一人で海外へ行ったことがない私でしたが、留学の為にはじめて一人で海外へ飛び立ちます。

英語が全く話せない中、治安がとても悪いと噂のフィリピンでした。

 

とても心細く大変な思いをした道中でした。

スポンサーリンク

ずっと夢だった留学へ

はじめてのひとり海外

留学を決めた後も、日本では全く英語を勉強せずに初めて一人で海外へ!

行き先はフィリピンのセブ島です。

トランジットのあるフライトだったので、出発前からとても不安でした。

 

しかも、乗り換えの場所は世界ワースト3に入る「ニノイ・アキノ国際空港(マニラ空港)」でした。

(最近はワースト5位からも脱出できたそうです。が、どうなんでしょう?)

 

はじめてのひとり海外。

はじめてのトランジット。

はじめての東南アジア。

 

もう不安でしかありませんでした。

 

関空からマニラ空港までは、飛行機に乗るだけで着くのでとりあえず安心!

4時間ほどでトランジット先のマニラに到着しました。

 

ニノイ・アキノ国際空港(マニラ空港)

マニラに到着してからは、イミグレーションやゲートの移動などでてんやわんや。

英語が分からないし、日本人があまりいないし不安だらけでした。

 

どうにかこうにか無事に国内線の搭乗ゲート付近に到着しました。

 

セブ島行きのゲートを探していると、空港職員らしき3人の若い男性が妙に馴れ馴れしく、至近距離で私の後を着いてくる。

念のために、手荷物を体の前で抱きかかえました。

 

私の手荷物を持とうとしたり、肩を組もうとしたり、ボディタッチをしてきたり、なんだかよく分からないスキンシップを取ろうとしてくる。

(めっちゃ怖いんだけど…)

 

結果的にはセブ島へのゲートまで連れていてくれたんですが、親切心なのか、チップをねだっていたのか不明です。

(こんなことを言うと、とても性格が悪い人みたいですが、それくらいの用心が必要と語学学校側からインフォメーションを受けていました。)

 

英語が分からなっかったので、結局何だったのか分かりません。

トランジット待ち

無事?にセブ島行きの搭乗ゲートに到着したころ、とても喉が渇いていたので、水を買おうと売店へ行きましたが、国際空港なのにまさかのクレジットカードが使えません。

 

空港ではレートが高いと聞いていたので、フィリピンペソに両替を行っておらず、現金は日本円しか持っていませんでした。

 

搭乗ゲートにあった全ての売店をチェックしましたが、

どのお店もクレジットカードは使用できず、カラカラな喉を潤すことはできませんでした。

 

さらに出発時刻が近づいてもゲートは閉じたまま、なんのインフォメーションもありません。

 

なにか言ってても英語だし理解はできませんでした。

 

本当に不安で不安で、さらに喉が渇く…

でもなんとか私の乗る飛行機はまだ出発していないので、大丈夫。

 

出発が遅れているんだろう。と心に言い聞かせ、飛行機に絶対に乗り遅れまいとモニターにかじりついていました。

搭乗ゲートが開いた

英語が話せないので誰かに聞くこともできず、状況が把握できないまま1時間ほど待っていたら、やっと搭乗ゲートがオープンしました!

 

出発が遅れていたんだろうけど、無事飛行機に乗れるんだからもう大丈夫!

やっとセブ島に行ける!

 

飛行機の座席に着いた時は安堵しました。

 

出発後、飲み物のサービスがあると思ったら、フライト時間が短いせいなのかドリンクサービスがなく、

英語が話せないので訊ねることもできず、結局なにも飲めないまま数時間が経っていました。

 

後日気が付いたのですが、飛行機が遅れていた訳ではなく、ただ時差の関係で1時間遅かったのです。

(フィリピン時間は日本より1時間遅いです。)

 

普通なら気づくはずですが、不安すぎて全てがうまくいかなかった。(笑)

ついにセブ島に到着

マクタン空港(セブ空港)

いろいろ大変でしたが、やっとマクタン空港(セブ空港)に到着しました。

飛行機を降り立った瞬間に南国の暑さを感じました。

 

キャリーバッグを受け取り、いざ学校のピックアップスタッフの元へ向かいます。

タクシーがいてたくさんいて客引きなどもけっこう無理やりでした。

 

はじめての東南アジアだったので、その光景が異様なもので、恐怖を感じたことを覚えています。

(マクタン空港はリニューアルされたので、今はおそらく変わっていると思います。)

 

たくさんいるタクシーと客引きを追い払い、学校の看板を持ったピックアップスタッフを見つけた瞬間の

嬉しさは忘れることができません。

 

それほど不安だったのです。

学校のピックアップスタッフ

学校のピックアップスタッフと合流すると,彼女は冷たいペットボトルの水をくれました。

ずっと喉が渇いていたので、私は彼女が天使に見えました。(笑)

 

ピックアップスタッフは台湾の方で、当たり前ですが日本語が全く話せません。

 

ですが、私は英語が全く話せません…。

 

学校に着く30分くらいの間、彼女は一生懸命に学校の説明や授業の話をしてくれましたが、全く会話ができず、セブ島に到着してわずか1時間くらいで心が折れました。

 

この時点もう帰りたいと思っていました。

語学学校に入学

入学テスト

次の日からさっそくオリエンテーションとテストが行われました。

入学テストと言っても合否があるわけではなく、クラス分け用の実力チェックの為のテストです。

 

筆記・リスニング・スピーキングの3項目でした。

学生時代のテストのような感じでしたが、質問も英語の為、全く分かりませんでした。

 

テストを終えるとすぐに採点をしてもらい自分のレベルが分かります。

 

私のテストの結果は一番下のレベルでした。

ですが、そうだと思っていたので、特にショックではありませんでした。

オリエンテーション

テスト後はオリエンテーションがあり、学校や寮のルールなどの説明を受けました。

 

こちらは必ず理解する必要があるので、私が入学した学校では国別に実施され母国語で説明をしてくれました。

 

在学生は主に韓国と日本人で、少数ではありましたが、台湾・タイ・ベトナムなどの国々からも来ていました。

私のバッチメイト(同級生)は日本人が70%で韓国人が30%くらいでした。

 

ほとんどのセブの語学学校では、入学ができる日が週1回で毎週月曜日になります。

その同じ日に入学した学生がバッチメイト(同級生)としてカテゴライズされます。

 

バッチメイトでホームルームなどがあるわけではありませんが、見知らぬ土地で同じ環境のグループができるという事は、とても心強く仲良くなる確率が高いです。

 

セブに着いた日は帰りたいと思っていましたが、翌日のオリエンテーションで出会ったバッチメイトのおかげで、楽しい留学生活がスタートしました。

 

まとめ

私のはじめてのひとり海外は不安なことだらけで大変でした。

 

嫌な事ばかり書いたように思いますが、4週間の留学のうち大変だったことは、初日のセブ島に行くためのフライトだけでした。

 

入学後はとても楽しい日々を送っていました。

 

日本にいたら絶対に出会うことがなかった人や、出来なかった経験がセブ島ではたくさんありました。

 

留学が決まって現地で勉強するから、日本では勉強しなくていいや。と思っている方!

 

少しでもいいので、ぜひ英語の勉強をしておいて下さい。

スタート地点のレベルが少しでも高いと必ずゴール地点も高いものになります!

そして、私のような英語が全く理解できない為に起こる不安感やトラブルも避けられる事でしょう。

 

これからも私のセブ島留学での出来事をご紹介していきたいと思います!

コメント