アメリカ移住必須!犯罪経歴証明書(無犯罪証明書)の申請取得方法

アメリカ移住必須!犯罪経歴証明書(無犯罪証明書)の申請取得方法国際結婚
スポンサーリンク

私の申請しているアメリカ移住ビザ(CR-1 VISA)の取得に必須な項目である「犯罪経歴証明書」を警察署で取得してきました!

 

私は大阪に住んでいるので「大阪府警察本部」へ伺いました。

免許証の更新などで行く警察署とは大違い。

さすが警察本部。大きな建物でセキュリティーがすごく、何も悪いことをしていないのに大緊張です。

 

 

スポンサーリンク

犯罪経歴証明書の取得方法

警察本部の受付で名前・住所・目的を記入して用紙を提出し、担当が迎えに来てくれるまでロビーで待ちます。

1度目に伺った時(平日13:30頃)は担当部署が混雑しており、1時間待ちでその後に手続きになると言われました。

その日は時間に余裕がなかったので、改めて来ることにしました。

2度目に伺った時(平日16:00頃)は15分ほど待つと、担当の方が迎えに来て下さり、手続きを行う場所へ移動します。

 

名前・住所・パスポート番号・犯罪経歴証明書が必要な理由などを、所定の用紙に記入します。

 

その後、指紋の採取があります。

ハイテクなマシーンで左右10本全ての指紋を採取されます。

今まで何も悪いことなんてしてないのに…

30年以上の人生ここへ来て警察で指紋を採取されてしまうだなんて。(笑)

 

犯罪経歴証明書の取得期間

私の場合は13日後から受け取り可能でした。

警察のHPには申請から約2週間前後で受け取り可能と記載されていたので、取得期間ほぼ2週間だと考えて良いでしょう。

 

指紋の採取があるので、本人が申請に行かなければなりません。

(受け取りは代理人でも大丈夫だそうなので、受け取りが本人ではない場合は、申請時に担当の方にお伝え下さい。)

 

犯罪経歴証明書の取得場所

全国で取得可能です。

だいたいの場合、都道府県の警察本部で申請・取得することになるそうです。

(東京の場合、警視庁です。)

 

申請と取得の2回に渡り、警察へ行かなければならず、平日のみの申請・取得になるので、平日にお仕事されている方や警察本部まで遠い方はスケジュール調整が必要となると思うので、注意が必要です。

 

 

注意点

 

受け取り後は中身を絶対に開けてはなりません!!

 

「VISAの手続きで犯罪経歴証明書をスキャンしてアップロードして下さい。」というプロセスがありますが、これは中身の資料をアップロードするわけではなく、封筒をスキャンしてアップロードするだけで大丈夫です。

開封してしまうと無効になり、再度取得しないと行けないので、絶対に開封しないで下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアメリカ移住のVISA申請に必須となる「犯罪経歴証明書」の申請・取得方法をご紹介しました。

 

申請から取得まで約2週間必要となるのでVISAの取得を急いでいる方は、なるべく早く申請して下さい。

このプロセスまで来たらVISA取得まであともう少しです。

 

みなさん頑張りましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

日本で国際結婚する時に必要なもの。婚姻届け提出方法を詳しく解説!
国際結婚したけれどアメリカ移住に必要なVISAはまだ未申請

コメント