セブ島に宿泊するならモーベンピックホテルがおすすめ!

セブ島に宿泊するならモーベンピックホテルがおすすめ!フィリピン
スポンサーリンク

セブ留学後、セブ島に魅了され何度も訪れている「セブ島マニア」の私がオススメするホテル。

「Mövenpick Hotel(モーベンピックホテル)」をご紹介します。

 

セブ島では珍しく「泳げるほどキレイなプライベートビーチ」や「おしゃれなプール」などリゾートホテルに相応しい設備や「生演奏やショーが楽しめるレストラン」など、1日中ホテルに居ても飽きない最高すぎるホテルです!

 

スポンサーリンク

Mövenpick Mactan Island Cebu(モーベンピック ホテル マクタン アイランド セブ)

セブのマクタン島に位置する五つ星のリゾートホテルです。

日本でも有名な高級ホテルチェーン「ヒルトン」でしたが、モーベンピックが買収しました。

設備や客室はヒルトン時代からのものなので、きれいです。

 

空港からはタクシーで20~30分ほどでアクセス可能です。

右の黄色の建物が「モーベンピックホテル」で、全ての施設が利用できるリゾートホテルとして運営されています。

左のピンクの建物は「コンドミニアム」になっていて、住居にしている方や「Airbnb」のように民泊として貸し出している場合もあります。

ピンクの建物に宿泊の場合は「モーベンピックホテル」で利用できる施設が限られており「プライベートビーチ」「プール」などを使用する際は「デイユース」として、1日の施設利用料として【2,500~3,000ペソ(≒5,350円~6,500円)】を支払う必要があります。

 

モーベンピックホテル「The Forum」でランチ

チェックインは15時からですが、モーベンピックに来る前に泊まっていたホテルをチェックアウトして、直行した為に、部屋の準備ができるまでロビーで待ちました。

13時頃にホテルへ到着し、チェックインカウンターで手続きを済ませると「アーリーチェックイン・カード」を頂き、優先的に部屋の掃除をしてくれるようでした。

 

部屋の準備ができるまでの間、ホテルのレストランでランチをしながら休憩です。

私は「フローズンマルガリータ」【400ペソ≒850円】を注文。

この日は少し曇っていましたが、レストランから眺める海と空が最高すぎる!

 

「Karaage(唐揚げ)」【390ペソ≒840円】「カルボナーラ」【480ペソ≒1,030円】をダーリンとシェアしました。

結婚式の為に、ずっと「ブルーウォーター・マリバゴ」に宿泊していて、ブルーウォーターはホテル内でも、割とリーズナブルだったので、急に突き付けられた5つ星価格に驚きを隠せない。(笑)

(さらにサービスチャージが加算されていたような気がする。)

 

値段の割には、唐揚げはコメントし辛い感じでした。

いかに、日本の唐揚げが美味しいか。という事に気づかされた、セブ島の思い出です。(笑)

カルボナーラは(セブ価格だと)とっても高いけど、絶品!また食べたい。

 

レストランはプールの近くにあり、室内とテラス席を選ぶ事ができます。

ドリンクだけのオーダーでも大丈夫なので、景色を眺めながらゆっくりする事ができます。

 

夜のプールサイドはライトアップされていて、雰囲気がとっても良いです。

ナイトプールは、デートや女子会にぴったり!

プライベートビーチの開放は19時までですが、プールは22時まで利用可能です。

昼間は親子連れで混んでいるプールサイドですが、夜だとプールに入っている人があまりいないので、ロマンチックな時間を過ごすのにぴったりな時間帯です。

 

モーベンピック ホテル「オーシャン スイート (Suite Ocean)」

14時頃にフロントデスクのスタッフに確認に行くと、部屋の準備ができたので「アーリーチェックイン」が可能との事で、少し早めにチェックインさせてもらえました。

ベルボーイに案内され、部屋に向かうと…

なんと、部屋を無料でアップグレードしてくれていました!

フロントデスクで「私たちの結婚式でした!」と雑談していたからか、チェックインまで少し待ったからかは謎ですが、モーベンピックの神すぎる対応に、私もダーリンも感動!

 

「オーシャン スイート (Suite Ocean)」の客室

それではオーシャンビューが素敵すぎる「オーシャン スイート (Suite Ocean)」のお部屋の中をご紹介します。

ベッドルームには「テレビ」「書斎テーブル」「小さいバルコニー」がありました。

太陽光もしっかり入るので、目覚めが気持ちいい!

 

続いては「バスルーム」です。

女子ウケ確実な鏡が可愛い洗面台があり、アメニティーも充実していました。

 

「シャワールーム」と「ユニットバス」

 

窓を開けるとバスタブから見える景色は「オーシャンビュー」

さらにこちらのバスタブ、なんと女子の憧れである「バブル・バス」が出来るのです!

 

ワインを飲みながら、バブル・バスでリラックス。

窓を開けると向かいの部屋から丸見えなので、水着の着用は必須です。

 

バスルームとベッドルームの間には、クローゼットがありその中には「セキュリティーボックス」と「ヘアドライアー」が完備されていました。

私たちは利用しませんでしたが、バスローブもありましたよ。

 

最後は「リビングルーム」

とっても大きなソファーで、2人で寝転んでもまだまだ広々。

 

テーブルにはアメニティーのギフトが置いてありました。

今までモーベンピックに泊まった時には頂いた事がないので、スイートルームの特典なのかも?

 

有料のミニバーもありましたが、とっても高かったので、ショッピングモールやコンビニで水やお酒を買っておきました。

エビアンの1Lがなんと【350ペソ≒750円】!!

さすがに高すぎるでしょ。

 

冷蔵庫に注意事項が書かれていましたが、日本語表記と英語表記だと内容が違っていたので、ご注意下さい!

【英語表記】ミニバー(冷蔵庫)エリアから出されたアイテムは、販売したとみなす。

 

部屋に入りしばらくすると、チャイムが鳴り「ウェルカム・デザート」サービスまで。

グレードアップしてくれた上に、こんなに素敵なサービスをしてくれるモーベンピックホテル、恐るべし。

 

テレビのチャンネル数がとっても多い!

NHKや韓国のチャンネルなどもありました。

 

ダーリンはこのチャンネル数にテンションが上がり、いい部屋に泊まったのにも関わらず、リビングで一生映画を見ていたので、少しイラっと。(笑)

わざわざこんな最高なロケーションでテレビばかり見ずに、帰国してから「Netflix」か「amazonプライム」で見て欲しいものです。

 

リビング側のバルコニーからは、こんなにもいい景色を眺められるのに。

モーベンピックホテルのプライベートビーチ!

ほら、テレビなんて見ている場合じゃないでしょ?

「オーシャン スイート (Suite Ocean)」の景色

「オーシャン スイート (Suite Ocean)」から見えるのは、間違いなく最高過ぎる「オーシャンビュー」。

何も邪魔するものがなく、地平線まで見渡すことができます。

 

モーベンピックホテルの名物である、オシャレなプールもこの通り、部屋から見下ろすことが出来ました。

 

滞在期間中は部屋のバルコニーから、サンライズを見たり。

 

海を見ながら、日本から持参した味噌汁を飲んだり。(笑)

 

ライトアップされたプールや、マクタン島で人気のレストランの「Ibiza(イビザ)」を眺めたり。

幻想的なライトアップはテーマパークさながらでした。

私たちが滞在していた時は、プールと「Ibiza(イビザ)」の間にある芝生で、野外シネマが開催されていました。

 

モーベンピックホテル「Ibiza(イビザ)」

私はモーベンピックホテルの「Ibiza(イビザ)」の雰囲気が大好きなので、滞在中は毎晩のように行きました。

サンセットタイムはハッピーアワーが開催されているので、お酒を片手にのんびりタイム。

ハッピーアワーは、1杯注文すると1杯無料でついてくるスタイルで、1杯あたりだいたい500円ほど。

 

海にせり出している、フラットシートがお気に入りで、毎日この場所をリクエストしていました。

サンセットはホテルの方向になるのでモーベンピック内だと「Ibiza(イビザ)」から見るのがベストポイントです。

 

とってもキレイな夕日を見る事ができました。

最高過ぎる!!

 

夜の「Ibiza(イビザ)」はライトアップされて、とってもキレイです。

デートしているカップルかパリピか。おおよそ、その2択です。(笑)

元パリピの私はこの雰囲気が大好きなのです!

 

毎日20時からは生演奏やショーが開催されていて、私たちは年始に宿泊したからか夜遅くまで、ショーが開催されている日がありました。

 

「ブルーウォーター・マリバゴ」に宿泊中、モーベンピックに宿泊していませんでしたが、事前予約をしてビジターとしてダーリン一家とクリスマスディナーを食べに「Ibiza(イビザ)」へ。

「シュラスコ・ビュッフェ」【2445ペソ≒5,250円】を食べに来ました。

なかなかなお値段がしますが、ロケーションやショーなどを考慮するとまあ仕方ない。

 

私以外はワインが苦手なので、私だけワイン飲み放題付のプランを選択【3,000ペソ≒6,450円】

さらにダーリンママはベジタリアンなので単品の注文でいいか尋ねると、問題ないとの事でした。

「シュラスコ・ビュッフェ」を注文の場合、何らかの理由があれば全員が注文しなくても大丈夫な感じでした。

さすがフィリピン!この緩さが大好きです。

 

ダーリン家族にブログをしている事は内緒なので、肝心のシュラスコの写真がありません…。

モーベンピックホテル「朝食ビュッフェ」

当初、朝食なしのプランで予約をしていましたが、前日の22時までに朝食ビュッフェの予約をフロントデスクで行うとプロモーション価格が適用されたので、試しに1日だけ食べてみる事にしました。

 

通常価格【1,200ペソ≒2,500円】が、プロモーション価格【1,000ペソ≒2,150円】(だったと思います。)

モーベンピックの朝食ビュッフェは、美味しいと有名なので、とっても楽しみ!

料理がとってもたくさんあって、とても悩みましたが、結婚式に向けて糖質制限ダイエットをしていたので、その癖が抜けず、野菜とタンパク質を中心にチョイスしました。

カロリーは高いけど、カリカリベーコンは期待を裏切らない!

 

洋食メニューはもちろんの事、フィリピン料理などもあったので、約2,000円と少しお高めですが、十分満足できる内容だと思います。

味噌汁などの日本食も少しだけありました。

 

モーベンピックホテル「プライベートビーチ」

滞在中は毎朝ビーチに行っていました。(この日はちょっと曇っていた。)

マクタン島の他のリゾートホテルだと、泳げるほどキレイなビーチは珍しく、観賞用としてプライベートビーチが付いているパターンが多いのですが、モーベンピックはなんと「サンクチュアリ(海洋保護区)」のプライベートビーチなのです。

 

海水が透き通っていて、シュノーケルやゴーグルがなくても、泳いでる魚を海面から見る事ができます。

 

そんなキレイなビーチで、朝っぱらから「フローズンマルガリータ」【400ペソ≒850円】を飲む。

これが私の滞在中の毎朝のルーティンワーク。

 

結婚式の為に2週間も仕事を休み、最後にこんな贅沢な極みをした結果。

わたし
わたし

仕事したくない!寒いのイヤ!セブに戻りたい!

おかげさまで、日本に帰国した際には完全なるダメ人間になっていました。(笑)

1ヵ月経った今もなお、この現象から復活していません。

わたし
わたし

毎朝、ビーチでマルガリータ飲みたい。

モーベンピックホテル「ルームサービス」

ダメ人間と化した私たちは、外にご飯を食べに行く事すら面倒くさくなり、最後の2日間はルームサービスで過ごしました。

正直なところ、2週間もセブ島にいたら、フィリピン料理も飽きてきたし、マクタン島での行きたいレストランはほぼ行き尽くしたし、わざわざ遠くのショッピングモールまで行く時間ももったいないし。

 

決してセブ島が飽きた訳ではありませんが、この時はこんな心情になっていました。

電話で注文すると20分ほどで届けてくれます。

ルームサービスのメニューは、チェックイン時にランチで利用した「The Forum」とほぼ同じです。

 

・シーザーサラダ
・ピザ
・ハンバーガー

これで4,000円しないくらいだったと思います。

白ワインはショッピングモールで調達しました。

 

このハンバーガーがジューシーでめっちゃ美味しかった!

高級なハンバーガーの味でした。(豪語力のなさ)

 

ピザもかなり大きくて、2人では全て食べきる事ができず、翌朝の朝ごはんになりました。

私たちが滞在していた時期は22時以降のルームサービスの場合、割引価格で注文ができるキャンペーンをしていました。

 

・サンドイッチ、フライドチキン、ビールのコンボ
・ハンバーガー

セブ島滞在の最終日もまたもハンバーガー。(笑)

このハンバーガー、本当にかなり美味しかったんです!

 

アメリカ人とアジア圏に旅行すると、終盤はだいたいアメリカ料理を食べがちという、国際結婚あるあるです。

海外旅行に行った時、日本人が味噌汁やおにぎりを食べたくなるイメージですね。(たぶん)

モーベンピックホテルの周辺

モーベンピックの周辺には、徒歩圏内で行けるショッピングモールやコンビニがありません。

ですが、レストランやSPAなどがあり、数日のみの滞在であれば問題なく過ごせます。

 

私たちが滞在中に行ったのがこちら。

Hola España

「スペイン料理」と「イタリアン」のレストランです。

モーベンピックからは徒歩5分ほどで、シャングリラホテルの目の前にあります。

 

ダーリンはラザニア、私はイカのグリルを注文。

私が注文したイカのグリルがめちゃめちゃ美味しかった!

炭火焼きでレモンバターソースがかかっていて、昼間からお酒が進みます。(笑)

ラザニアは可もなく不可もなし。

 

観光客向けのレストランですが、値段もそれほど高くないので、ホテルでの食事に飽きたら行ってみてもいいかもしれません。

Hola Españaアクセス

【住所】Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン

【電話番号】+63 943 433 2442

 

Fiesta Bay

モーベンピックから徒歩30秒の「フィリピン料理」のレストランです。

ここへ行けば「ベイクドスカルプ」や「シシグ」など有名なフィリピン・セブ料理は、ほとんど食べる事ができます。

私は比較的フィリピン料理が好きなので、モーベンピックに泊まった際は、このレストランに行く事が多いです。

 

今回の旅でダーリンが一番お気に入りだった「サンミゲル・プレミアム」

ビール好きのダーリンがが美味しいというので、間違いない!

 

Fiesta Bayアクセス

【住所】Punta Engaño Road, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン

【電話番号】+63 32 236 0897

マクタン・シュライン

マクタンシュライン ラプラプ像 Mactan Shrine Lapu-Lapu Monument

ホテルから徒歩10分ほどでアクセスが出来る観光地「マクタン・シュライン」

セブ島の英雄である「ラプラプ」の像があります。

 

私たちが行った時は戦争に勝利後の500年記念モニュメントが飾ってありました。

「マクタン・シュライン」では、お土産が買えるショップや、おやつや飲み物が買える屋台などもあります。

 

スーパーだと1個100~200円ほどするようなキーホルダーやマグネットがまとめ買いで、1個50円ほどで手に入れる事が可能です。

とにかく安くバラマキ土産が欲しい方は「マクタン・シュライン」がおすすめ!

 

マクタン・シュライン アクセス

【住所】6015 Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン

【営業時間】7:00~22:00

Mactan Alfresco(マクタン・アルフレスコ)

レチョンが乗っかっているジープニーがお出迎えしてくれる「Mactan Alfresco(マクタン・アルフレスコ)」は、フィリピン料理をはじめメキシコ料理や中華料理などがあるフードコートです。

「マクタン・ニュータウン」の入り口にあり、モーベンピックホテルからは徒歩15分ほど。

ちなみにこのジープニーの中でも食事ができます!

 

先ほどご紹介した「マクタン・シュライン」からも、とっても近いので2ヵ所同時に行くと効率が良いです。

 

テイクアウトをする事ができるので、ホテルに戻ってゆっくり食べるのも良いと思います。

私たちもテイクアウトで利用しました。

 

「Mactan Alfresco(マクタン・アルフレスコ)」をはじめ「マクタン・ニュータウン」には、たくさんのお店があります。

・スーパーマーケット
・コンビニ
・マクドナルド
・スターバックス
・日本料理店
・マッサージ店
・コインランドリーなど

 

モーベンピックから一番近くアクセスできる場所なので、飲み物やおかしの買い出しなどにも最適です!

Mactan Alfrescoアクセス

【住所】Newtown Blvd, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン

【営業時間】24時間

24時間営業と記載されていますが、クリスマスシーズンや年始などは閉まっているお店もありました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はセブのリゾートエリア、マクタン島にある「Mövenpick Hotel(モーベンピックホテル)」と、その周辺にあるレストランや観光地についてご紹介しました。

 

何度もセブを訪れている私の一番おすすめするホテルです。

特にビーチリゾートでゆっくり過ごしたい方には必見です!

 

老後はこんな場所で、ビーチを眺めながらゆったりしたいものです。(笑)

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

コメント