【プルドポークの作り方】アメリカの家庭料理を日本で再現する!

アメリカの定番料理「プルドポーク」国際結婚
スポンサーリンク

「プルドポーク」という料理をご存知ですか?

プルド(PULLED)…「むしる、裂いた」という意味があり、甘辛いBBQソースで味付けされた文字通り豚肉を裂いた料理のことです。

日本ではあまり聞きなれないですが、アメリカでは家庭料理の定番でみんな大好きなメニューです。

 

もちろんアメリカ人の夫も大好物!

先日、豚の塊肉が手に入ったので、ダーリンの為に「プルドポーク(Pulled pork)」作ってみたところ、とても美味しく作る事ができました。

そこで今回は、アメリカ人のお義母さんから教えてもらった、本場直伝のレシピをご紹介していきます。

スポンサーリンク

プルドポークの材料

5~6人分
・豚肉…1kg
・玉ねぎ(中)…1個
・にんにく…3片
・水…200ml
・BBQソース適量
・スパイス適量(ケイジャンスパイス、黒コショウ、パプリカ、パプリカパウダー、カイエンペッパー、BBQパウダーなど)

豚の塊肉はコストコや業務スーパー、ネットショッピングなどで購入可です。

肩 or ウデ肉を購入して下さいね。

BBQソースは私は市販のものを使いましたが、自作でもいいと思います。

 

ケイジャンスパイスは成城石井やKALDI、ネットショッピングなどで購入可です。

 

BBQパウダーはなくても大丈夫ですよ。

スパイス類が手に入らない時はオールスパイスでもOK!

 

スパイスは結構どんな物でもいいみたいです。(笑)

簡単にスパイスを調達したい場合
・ガーリックパウダー
・パプリカパウダー
・黒コショウ
・カイエンペッパー

一般のスーパーで購入する事ができる、上記をご準備頂けると大丈夫です。

プルドポークの作り方

1日目:仕込み

豚肉を3等分に切ります。

お義母さんの指示の元、豚肉を3等分にしましたが、熱の入り方が均等ではなく、柔らかさにムラができてしまいました。

もう少し細かく切った方が、加熱時に均等に熱が加わるので、さらに半分の6等分にするとさらに柔らかくなりやすいです。
(あまり細かすぎてもプルドできなくなるので、注意!)

 

私は1.5kgで作ったので、かなり大きく均等に熱が入り辛かったです。

1kgくらいだと時間的にも、さらに調理しやすいと思います。

 

豚肉をカットしたら、調味料を揉みこんでいきます。

全体にまぶす感じで、揉みこんでいきましょう。

そしてラップをして一晩寝かせます。

2日目:スロークッカーで調理

玉ねぎとにんにくをスライスして、スロークッカーへ投入します。

その上に昨日仕込んでおいた、スパイスを揉みこんだ豚肉を投入します。

豚肉の上にBBQソースと、水200mlを注ぎます。

そして、スロークッカーの低い温度設定で8~10時間調理します。

スロークッカーがない場合は、圧力鍋やオーブンでも代用可能です。
オーブンの場合はアルミホイルで食材を包んで150℃くらいで8時間~10時間ほどです。

 

完成後、調理した豚肉の塊をフォークで裂いていきます。

プルドポークの食べ方

プルドポークをそのまま食べても、もちろん大丈夫ですが、アメリカ式はハンバーガーバンズに挟んで食べます

味が足りなかったら、さらにBBQソースを加えて下さい。

実際に出来上がったプルドポークを食べた感想…

 

“味は”美味しい!」でした。

“味は”?というのも、残念ながらお肉が少し硬かったのです。

 

今回初めてスロークッカーを使ったのですが、お肉の重量とスロークッカーのサイズが合っていなかった為、3等分のうち上に置いた1ブロックのお肉に熱がしっかり入ってなかった為に、柔らかく調理されず、ローストポークのようになってしまいました。

残りの2ブロックもフォークでほどける箇所と、少し硬さが残るローストポークのような箇所が生じてしまいました。

まとめ

・スロークッカーでの調理の際は使用するお肉は1kgまで
・お肉は塊が残る程度で、大きすぎるブロックにしない
・なるべくお肉同士を重ねない

このポイントを注意すれば柔らかい「プルドポーク」が完成します!

 

ちょっと納得がいかない仕上がりだったので、またリベンジしたいと思います!

完璧なレシピができたら追記していきますね。

 

【追記】
翌日さらに1時間ほどガス火で加熱したら、ホロホロとフォークでほどける完璧なプルドポークが完成しました。
恐らくスロークッカーの温度と時間設定ミスでしょう。

 

お義母さんに確認したところ、低い温度設定ではなく高い温度設定にしなければならなかったそうです。

温度と時間設定は全く料理ができないアメリカ人ダーリンに任せていたので、それが失敗の原因でした。(笑)

 

2回目のプルドポーク

プルドポーク2度目の挑戦は、スロークッカーの「高温設定」で調理したら、完璧なプルドポークが完成しました!

プルドポークを美味しく作る最大のポイントは、スロークッカー「高温設定」です!

 

【日本のオーブンでターキーの丸焼きを焼いた話】

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

コメント