【石垣島】八重山そばの名店「島そば一番地」で二日酔いを解消!

石垣島の八重山そばの名店「島そば一番」旅行
スポンサーリンク

沖縄本島には何度も行ったことがあるのですが、今回は初めて「石垣島」に伺いました!

一緒に旅をした友人が石垣島マスターなので、友人にほとんどお任せ。

 

「八重山そばを食べたいという!」私のリクエストに、石垣島1,2を争うという有名店に連れて行ってもらいました。

スポンサーリンク

島そば一番地のメニュー

・島そば(八重山そば)600円+税
・三枚肉そば 800円+税
・ソーキそば 950円+税
・ジューシー200円+税

八重山そばの他にも一品料理などもあり、夜だとお酒を飲みながらアテをつまんで、最後にシメとして八重山そばを食べても良いですね!

このお箸を見ると沖縄の食堂に来たっ!!て感じますよね〜

お店の雰囲気も昔ながらの食堂そのままといった雰囲気で、店員のお母さんもおっとりされていて、とっても癒されました。

 

島そば(八重山そば)

私は左の三枚肉そば(800円+税)を、友人は島そば(600円+税)を注文しました。

 

島そば(600円+税)

三枚肉そば(800円+税)

鰹が効いたお出汁がとってもおいしい!

おそばもお出汁によく絡み、しっかり煮込まれた三枚肉の旨味がスープに溶け出し、旨味が最高すぎです。

私、もしかすると本島の沖縄そばより、八重山そばの方が好きかも!?

 

表題にも書いていたように、前日の夜に飲み時ぎて二日酔いだったので、お出汁が五臓六腑に染み渡りました。

肝臓がリセットされました。

ありがとうございました。

おそばのお供といえば、右にある泡盛で唐辛子を漬け込んだ【コーレーグース】

1食につきコーレーグース1瓶を半分かけてしまいたいくらい、本当に大好き♡

 

そばを食べてるのか、コーレーグースを食べてるのかわからなくなる為、毎回自粛しています。

(そもそも二日酔いなんだから自粛して?半瓶もかけちゃったら、完全なる飲酒で迎酒よ。)

 

そして、今回はじめまして。だった【ピパーチ】

存在自体知らなかったのですが、石垣島の名産品だそうです。

独特な風味がするので、好き嫌いが別れそうなスパイスですが、私好みなお味でした。

お土産として買って帰り、カレーや麻婆豆腐などのスパイスを使用する料理の隠し味として使用しました。

種子や新芽を薬用、香辛料として利用し、沖縄県では未熟のままの実を収穫し、乾燥し炒って粉にしたものを料理の香辛料・調味料として用いる。発汗作用があるため、新陳代謝を促す働きもある。八重山諸島ではその香辛料を「ピパーチ」「ヒバーチ」「ピパーツ」と呼んでいる。その他、建物の壁や石垣などに這わせて壁面緑化にも利用されている。

出典:Wikipedia

 

 アクセス


住所:〒907-0023 沖縄県石垣市石垣1−1

電話:0980-88-1781

営業時間:11:00-15:00, 18:00-22:00

 

離島に行くフェリーのターミナルから徒歩5分ほどなので、フェリー待ちの間にサクッと食べることができます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、石垣島の八重山そばの名店「島そば一番地」のご紹介でした。

 

初めての石垣島、八重山そばでしたが、予想以上に美味しくて正直言ってビックリしました。

沖縄そばが好きな方や、お出汁が効いたスープが好きな方は、絶対に気に入ると思います!

 

石垣島にお出かけの際は、ぜひ食べてみて下さい!

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

コメント