【釜山・南浦洞】タッセウ通りで「済州(チェジュ)エビ」を食す

【釜山 南浦洞】 深夜に「済州エビ」を食す!旅行
スポンサーリンク

ユケハンユッケで遅めの夕食をとった後、富平市場ブピョンシジャンを散策して気が付けばもう0時頃に。

夜食として、お刺身を食べようと思い、チャガルチ市場の方へ向かいます。

 

0時を過ぎても営業している、チャガルチ市場近くのレストランは極わずかで、お値段が高めでした…

翌日にもう一度、チャガルチ市場の方へ戻ってくることにして、富平市場ブピョンシジャンからチャガルチ市場に行く途中に見つけた「タッセウ通り」へ戻り「済州チェジュエビ」を食べることにしました。

 

スポンサーリンク

タッセウ(済州エビ)

今、釜山で大ブーム中の「タッセウ(済州チェジュエビ)」です。

日本だと「ミナミアカザエビ」と呼ばれ、手長海老の一種だそうです。

 

さらにインスタ映えすることから、「タッセウ(済州チェジュエビ)」の流行にさらに火がついたそうです。

私たちも時間があれば、インスタで有名なお店へ行きたかったのですが、その時はすでに0時過ぎで、南浦洞エリアにいました。

残念ながらそのお店は西面にあり、なおかつ営業時間が分からなかった為、今回は断念しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

연애하기 힘들다😂

ʟᴜᴄᴇᴛᴇ, ᴇᴜɴ_ᴠᴇʟʏさん(@e.u.u.n__vely)がシェアした投稿 –

わたし
わたし

確かにインスタ映えする!

シーフードレストラン

パンチャン(おかず)

何件かお店が並んでいましたが、熱心に客引きをしていた、愛想がいいおじさんのいるお店に決定しました!

本来であれば70,000ウォンでしたが、夜中だったので50,000ウォンでいいよとのこと。

日本語だと「さるえび」と「伊勢海老」と表記されていますが、おじさん曰く本当は「車海老」と「済州チェジュエビ」だそうです。

Sサイズを50,000ウォンで注文しました。

 

まずはお通しとして、パンチャン(おかず)が提供されます。

かなり豪華なパンチャン!

そして、私が釜山で食べたかった「貝」も出てきました!

この小さい貝の入り口?を吸って、中の身を口に入れます。

わたし
わたし

吸ったら、口の中に入ってくるのが楽しい♪

美味しすぎて、おかわりしちゃいました。

ソジュも忘れずに!

こちらのソジュは甘くなく、甘いお酒が苦手な私にぴったりな味でした。

友人はここでも、ソジュにカラマンシーを忘れずに投入していました。

 

タッセウ(済州エビ)と車海老

生きたままの「タッセウ(済州チェジュエビ)」と「車海老」がザルに入れられ登場します。

スタッフの方が手でワイルドに頭と体を引きはがし、頭を持ってキッチンへ戻ります。

出来上がったお刺身がこちら。

わたし
わたし

量少なくない?(笑)

でも安くしてくれたし、もともとお腹結構いっぱいだったし、パンチャンは豪華だし、これはこれで良しとしましょう。

左が「車海老」で、右が「タッセウ(済州チェジュエビ)」です。

どちらもプリップリで、甘くて美味しい!

 

そして、エビの頭はフライにされて登場しました。

カリカリで香ばしく、美味しかったのですが、「タッセウ(済州チェジュエビ)」は殻が固いので、食べるときに口を切らないように注意が必要です。

ごちそうさまでした!

さすがにこの日は、こちらのお店で食事終了!

17時に釜山に到着し、3食+軽食を食べました。

わたし
わたし

よく食べて、よく飲んだ!

 

アクセス

【住所】Gwangbok-ro 12beon-gil, Bupyeong-dong, Jung-gu, Busan, 大韓民国

こちらのポイント周辺にいけば「タッセウ通り」に行けます。

 

外にはたくさんの生け簀があり、たくさんのエビが泳いでいます。

水族館みたいで、見ているだけでも楽しいです。

客引きをしてた、フレンドリーなおじさん。

帰るときも優しく接してくれ、写真に写りこんできました。(笑)

夜中だったのに地元の人たちがたくさんいらっしゃいました。

とても人気店があるお店でしたが、店内は広いのでゆっくりする事ができました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

南浦洞エリアで「タッセウ(済州チェジュエビ)」を、食べることが出来るレストランをご紹介しました。

 

釜山でブームなのが分かるよう、プリプリで甘い新鮮な「タッセウ(済州チェジュエビ)」

釜山に行く機会があれば、ぜひ試してみて下さい!

 

この後、ホテルに帰ってまたソジュを飲む私たちでした。

さすがに翌日は二日酔いでした…(笑)

 

翌日は二日酔いに優しい朝食からスタートしました。

 

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

コメント