【チャンクオック寺・一柱寺・クアンタン寺】ハノイで有名なお寺巡り

ハノイのお寺3選!チャンクオック寺・一柱寺・クアンタン寺ハノイ
スポンサーリンク

みなさんは観光に行った時に、欠かせないものは何ですか?

 

私は、夫婦で海外旅行に行く事がほとんどなのですが、アメリカ人の夫が「大のお寺好き!」

ですので、海外旅行の際は「お寺」や「歴史的建造物」を見に行く事が欠かせません。

 

今回はそんな「お寺」が大好きなアメリカ人の夫が勧める「ハノイで有名なお寺3選」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

チャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)

チャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)はハノイ最古のお寺で、西湖の小島に建っています。

茶色い塔が移しいお寺で、東南アジア独特なカラフルさがあります。

 

チャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)の入り口付近には、カメやスズメがいました。

販売されているのかな?

出店でお土産やジュースなども販売されていました。

 

天気が悪いというよりかは、排気ガスで空気が淀んでいますが、西湖周辺の景色を見る事もできます。

短い橋を渡ってチャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)へ向かいます。

ですが、なぜだか様子がおかしい…。

 

お寺の入り口まで行ってみると…。

営業時間が書いてありました。

私たちがお寺に着いた時は11:50。

そうです。休憩中でした。

 

Google Mapの情報では、休憩時間が書いていませんでしたが、お昼頃はお寺が閉鎖されているので、ご注意下さい!

 

この後も予定が詰まっていたので、仕方なくチャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)を外から眺めるだけ。

私も間近で見てみたかった…。

いつかリベンジできますように!

チャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)アクセス

【住所】Thanh Niên, Yên Phụ, Tây Hồ, Hà Nội 100000 ベトナム

【営業時間】Google Mapでは8:00~16:00と書いています。
ですが、お寺の入り口には【午前】7:30~11:30【午後】13:30~17:30と記載されていました。
実際に行く際にはご注意下さい!

クアンタン寺(鎮武観/Đền Quán Thánh)

チャンクオック寺(鎮国寺/Chùa Trấn Quốc)から湖添いを歩く事、約10分の場所にあるクアンタン寺(鎮武観/Đền Quán Thánh)

 

こじんまりしたお寺ですが、装飾が個性的でした。

大道路沿いに面した門にあるオブジェがツボ!

一見、かっこいい感じに見えますが、よーく見て下さい。

 

え???(笑)

なんかのゆるキャラ風。もしくはニセモノ感が著しい。

 

他にも…

これはカッコいい風???

良く見ると…

 

マジックで描かれたような目と、トラ柄が中から見えている。(笑)

 

まぬけ。(笑)

 

怖すぎる。(笑)

個性豊かな守護神がお出迎えしてくれます。

 

ドラゴンは割れた陶器が施されていて、ステンドグラス風でした。

 

入場料を払って中に入ります。

 

メインの建物の上にもステンドグラス風なドラゴンのオブジェが。

 

なんだか哀愁の漂う表情をしたトラさん。

 

ハノイのお寺にお供えされているキャンドルが、赤色でとっても可愛いかったです。

クアンタン寺(鎮武観/Đền Quán Thánh)アクセス

【住所】Thanh Niên, Quán Thánh, Ba Đình, Hà Nội 118810 ベトナム

【営業時間】8:00~17:00

一柱寺(延祐寺/Chùa Một Cột)

「ホーチミン廟」や「ホーチミンの家」「ホーチミン博物館」に隣接されている一柱寺(延祐寺/Chùa Một Cột)

文字の通り一本柱の上にお寺が建っています。

 

お寺の池には蓮の花が咲いており、蓮が有名なハノイらしいお寺です。

 

こちらの周辺には、ベンチが多くあり売店などもある為、歩き疲れた時に冷たい飲み物を飲みながら、ひと休みができる場所です。

観光地ですが、ゆったりとした空気が流れていました。

 

「ホーチミン廟」や「ホーチミンの家」「ホーチミン博物館」に近いので、こちらに観光に来た際には、必ず伺いたいお寺です。

一柱寺(延祐寺/Chùa Một Cột)アクセス

【住所】Chùa Một Cột, Đội Cấn, Ba Đình, Hà Nội 100000 ベトナム

【営業時間】7:00~18:00

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ハノイの有名なお寺3選」をご紹介しました。

 

グルメやショッピングもいいですが、古都ハノイに訪れるのであれば、ベトナムの歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

コメント