世界遺産【ハロン湾】へ!ハノイ市内から日帰りツアーに参加した感想

世界遺産ハロン湾 ハノイ市内から日帰りツアーに参加ハノイ
スポンサーリンク

ハノイ市内から「ハロン湾」までは車で約4時間ほどの道のりです。

ローカルバスで行く事も可能ですが、ベトナム語でやり取りするのはとっても大変!

そこで私は「オプショナルツアー」で「ハロン湾」へ日帰り旅行する事にしました。

 

今回利用したオプショナルツアーはこちら!

海外旅行の際、いつもお世話になっている「KKday」さんです。

 

スポンサーリンク

ハノイ市内からバスで「ハロン湾」へ

ハノイ旧市街地に宿泊している場合は、ガイドさんがホテルのロビーまで迎えに来てくれます。

出典:KKday

バスは観光バスタイプのものでした。(でも日本のバスより席の間隔が狭い。)

ツアー参加者は欧米の方が多かったので、ギュウギュウな感じでした。

大柄な男性同士で隣に並ぶのはちょっと疲れそう…

 

宿泊したホテルの近くで買った「バインミー」を食べながら出発!

ベトナムの田舎道を眺めながら、ボーっとしていました。

長距離移動なので、要所要所でガイドさんが「ベトナム」や「ハノイ」や「ハロン湾」についての説明をしてくれます。

戦争があった国なので、歴史や背景などまじめな内容の話もありました。

 

ガイドさんのベトナム情報で、私が一番お気に入りだったのが「ドゥア」という単語のお話。

ベトナム語では言葉は同じでも、イントネーションで意味が変わり

・Dừa(ドゥア)…ココナッツ
・Dưa(ドゥア)…スイカ
・Dứa(ドゥア)…パイナップル

という意味になるんだそうです。

「全部一緒やんっ!」と各国のツッコみが入っていました。(笑)

 

途中にトイレ休憩があり、軽食やお菓子の調達、お土産を見る事ができます。

トイレも比較的キレイで、観光客向けのショップでした。

値段が驚くほど高いので(ベトナムにしては)できれば、ここでは何も買わない方がいいです。
コーヒー1杯約250円ほど。
さらにダーリンはコーラ・アメリカのお菓子×2を買ったところ約1,500円のお支払いを…
値段が付いていない商品は要注意!トイレだけの利用が良し◎

 

まあ「ぼったくり」というよりかは、観光客価格というような感じでした。

レジに通して会計していたし。

 

そんなこんなで、約3時間半ほどで「ハロン湾」に到着です!

 

世界遺産のハロン湾クルーズ

クルーズ船は港から出航するので、バスは港に停車されますが、思ったよりも都会…

「ハロン湾」って田舎で穏やかなイメージがありましたが、全然都会だった!!

そして人の量が半端ないっ!全然穏やかじゃない。

 

少し不安になりながらも、チケットを受け取りクルーズ船が来るのを待ちます。

 

クルーズ船を待っている間、売店をチェック。

ずっと欲しかった物をゲットする事ができました。

 

じゃじゃーんっ!!

ベトナムの帽子「ノンラー」です。

旅行に来る前から絶対に買おうと思っていたのです。

 

約300円ほどでした。

ダーリンは男性用を購入して約500円ほど。

ベトナム感出るし、日焼け防止にもなるし、最高なアイテム。

 

15分ほど船を待って出発!

遠くに岩が見えます。

船は思っていたより立派な感じでした。(古いけど)

もっと安い感じの船かと思っていました。

ほら?ちょっとイイ感じでしょ?

2階のデッキに行く事もできます。

 

ハロン湾クルーズのランチ

船に入るとすでにランチが準備されていました。

まさかの卵焼き。(笑)

食事内容を期待していた訳ではないので、問題ありませんが、まさかの卵焼き(甘いやつ)だったので衝撃でした。

 

船が出発すると他の料理が運ばれてきます。

春巻き

ボイル海老

海鮮の炒め物

魚のフライ

野菜炒め(一番右奥)

この料理プラス白ご飯が付いていました。

 

結構なボリュームと品数で、味もとても美味しかったです。

全く期待していなかったので、かなりビックリ!!(失礼)

 

全部美味しかったけど、私は魚のフライが一番美味しかったです。

 

食事は6人1テーブルでシェアして食べます。

私のテーブルは、私(日本人)ダーリン(アメリカ人)ご夫婦(韓国人)友達同士(韓国人)で、韓国感が強めなテーブルでした。

ご夫婦の旦那さまが英語を話せたので、軽くコミュニケーションを取りながら、楽しく食事をする事ができました。

 

ビールやジュースは別途支払いが必要ですが、ビール1缶200円ほどだったので、まあまあ良心的だと思います。

 

食事は取り分ける用のトングなどは一切なく、直接料理を取るスタイルだったので、気になる方は少し気になるかも。

ハロン湾巡り

食事中に船が出発し、いよいよ有名な景色とご対面です。

船がたくさん!

クルーズ中もポイントごとにガイドの方が解説してくれます。

水質はブルーではなくグリーン系でした。

写真はiPhoneで撮ったNO加工です。

アプリで撮影するか、写真を加工したら、もう少しキレイな彩度になると思います。

 

出発後、始めは雲がかかっていたので、全体的に写真が少し暗いですが太陽が出てくると、水面がキレイなグリーン色になります。

 

ティエンクン鍾乳洞(Dong Thien Cung)

ほとんどのハロン湾クルーズで訪れる「ティエンクン鍾乳洞(Dong Thien Cung)」へ、船内ランチ後に立ち寄ります。

 

ここでもガイドさんは丁寧に概要を説明をしてくれます。

英語のなので少し難しかったのですが、おおよそな話は理解する事ができました。

 

これは「カメ」に見える岩です。

この「カメ岩」の下に水場があるので、そちらにコインを投げ込み願い事をすると、その願いが叶うそうです。

 

ガイドの方が「独身の人は、彼氏と彼女ができるように必ずお願いして下さいね~!」と笑いを取っていました。

 

これは「おっぱい」に見える岩。

この「おっぱい岩」を通る時に、どちらか忘れてしまいましたが「右を触ると男の子に恵まれる」「左を触ると女の子に恵まれる」という言い伝えがあるそうです。

詳細を忘れてしまったので、詳しくはガイドさんに尋ねてみて下さい。

わたし
わたし

私は念の為に、両方触っておきました!(笑)

鍾乳洞内のでこぼこ道を歩くことになるので、不安な方は履き慣れた靴で参加した方がいいと思います。私はビーチサンダルで参加したので、少し歩き疲れてしまいました。

 

鍾乳洞を抜けると高台から見通しの良い景色を見る事ができます。

記念撮影の場所に持ってこいな場所!

 

 

鍾乳洞がある島を1時間ほどで見て回って、クルーズ船へ戻ります。

その後は最後のイベントの「バンブーボート」or「カヤック」ができる場所まで移動します。

 

「バンブーボート」or「カヤック」

船着き場に到着して「バンブーボート」か「カヤック」か、自分が好きな方を選ぶ事ができます。

 

こちらはツアー料金に含まれていますが「バンブーボート」の場合、おじさん or おばさんがボートを手漕ぎしてくれるので、チップが必要とガイドの方に言われました。

 

私たちは疲れていた為、迷わず「バンブーボート」を選択!

こんな感じでボートに乗り込みます。

私たちは運よく、私とダーリンとヨーロッパ系の女子と3人で1台のボートだったので、おじさんが写真をたくさん撮ってくれました。

 

観光客慣れしているおじさんは、iPhoneを女子高生並みに使いこなし、色んなポージングの指示を出してくれます。

おじさんのおかげで、思い出に残る夫婦旅行の写真をゲットできました!

 

少し日が暮れてきて、神秘的な雰囲気でした。

良くしてくれたおじさんにはチップ約200円×2をお支払いしました。

(ガイドさん曰く1人あたり100~200円くらいが相場だと言っていました。)

 

船着き場に到着すると、お姉さんがとても必死に客引きしていたので、ココナッツジュースを買うことに。

 

韓国語で必死に話しかけられましたが「私、日本人なんですとは言えず…」微笑み返しておきました。

言われてみると、ハノイでは日本人観光客より、遥かに韓国人観光客の方が多いイメージでした。

中国系の観光客もかなり多かった!

 

クルージングの発着場まで戻り、バスに乗ってハノイ市内まで戻ります。

発着場には、お土産を売ってるお店もありました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ハノイ市内からハロン湾1日クルーズ」の詳細をご紹介しました。

 

世界遺産「ハロン湾」は、景色も空気もキレイで、ゆったりした空気が流れている場所でした。

1日でこのような体験ができるので、ハノイに訪れた際は、是非「ハロン湾」へも行ってみて下さい!

 

今回私が利用したツアーはこちら。

 

わたし
わたし

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

コメント