セブ島で人気No.1の「アイランドホッピング」への参加方法を解説

セブ島で人気No.1アクティビティ 「アイランドホッピング」へフィリピン
スポンサーリンク

私はセブ留学経験があります。

セブ留学後は日本へ帰国しましたが、今だにセブ島が大好きで幾度となく訪れています。

わたし
わたし

セブ島が大好きすぎて、結婚式はセブ島のリゾートホテルで行うほどです!

 

そこで今回は、セブ島が大好きすぎる私がオススメする!

セブ島の大人気アクティビティーの「アイランドホッピング」への参加方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

アイランドホッピングとは

「アイランドホッピング(Island hopping)」とは、船で離れ島を巡るマリンアクティビティーです。

ただ島を巡るだけではなく、海洋保護区などキレイな海でシュノーケリングをすることが「アイランドホッピング」の醍醐味です。

 

この「アイランドホッピング」ですが、ツアーの参加方法として大きく分けて2パターンあります。

まず1つ目は「各ツアー会社」や「宿泊ホテルのツアーデスク」で、パッケージツアーを予約する方法です。

2つ目は「マクタン島の港でアイランドホッピングの客引きをしている地元の人」から、価格と巡る島の交渉をする方法です。

 

それでは2つのパターンを詳しく解説していきます。

 

アイランドホッピングの参加方法

会社やホテルでツアーを事前予約

簡単な参加方法は「ツアー会社」や「ホテルのツアーデスク」で、事前に予約をするという方法です。

英語が苦手な方や、安心してツアーに参加したい方におすすめなプランです。

 

出発前に日本からインターネットで予約

こちらが1番簡単なツアー参加方法です。

日本語で予約ができ、当日は日本人スタッフもしくは日本語が話せる現地スタッフが同行する場合がほとんどなので、英語が全く分からなくても安心して参加することができます。

予約時に行きたい島が含まれたツアーを選んで予約をします。

2~3島を巡るプランが一般的です。

 

マクタン島内であれば宿泊先ホテルまでピックアップをしてくれ、豪華なランチ付きのツアーが基本的なパッケージです。

価格は日本円で約1万円ほどとなります。

(※巡る島の距離や数で値段が変動します。)

 

【アイランドホッピング】絶景ナルスアン島&ヒルトゥガン島の2島巡り!海洋保護区シュノーケリング<日本語ガイド/船上ランチ付/GoPro貸出/ホテル送迎可> - セブ島
海外旅行オプショナルツアーアクティビティの予約専門サイト。現地日本語ガイドがご案内します。安全安心の日本語ツアーは「タビナカ」におまかせ!

 

【allblue催行】フィリピン ヒルトゥガン&ソルバ島アイランドホッピングツアー!シュノーケル+体験ダイビング<BBQランチ/日本語ガイド> - セブ島
海外旅行オプショナルツアーアクティビティの予約専門サイト。現地日本語ガイドがご案内します。安全安心の日本語ツアーは「タビナカ」におまかせ!

 

ホテルのツアーデスクで予約

日本から事前予約をしていない場合は、宿泊先のホテルで「アイランドホッピング」の予約をすることができます。

ですが、リゾートホテルなど比較的に高級なホテルしかツアーデスクがないので、一般的なホテルに泊まる方は、事前に日本からインターネットで予約をすることをおすすめします。

(※マクタン島内にあるリゾートホテルの場合、ほぼツアーデスクがあります。)

 

英語が苦手な場合でも、日本人のスタッフがいるリゾートホテルが多いので、日本語で説明して欲しいことがあればリクエストしてみて下さい。

価格は4,000~5,000ペソ(約8,000~10,000円)ほどとなります。

 

セブ島に来る前に予定はしていなかったものの、やはり「アイランドホッピング」をしたくなった場合は、ツアーデスクをご利用下さい。

 

客引きをしている地元の人から交渉

「とにかく安く済ませたい!」という方は、現地の客引きに交渉してアイランドホッピングへ行くという方法をおすすめします。

私が今まで現地で「アイランドホッピング」に参加した2パターンをご紹介します。

 

この方法は英語が苦手な方や、お子さん連れの場合は少しハードルが高くなってしまいます。

また客引きとの交渉になるので、ぼったくられる可能性もあることを頭の片隅に置いておいて下さい。

 

ヒルトンポート

1つ目の方法は「ヒルトンポート(Hilton Port)」というモーベンピックホテル横にある港から行く方法です。

タクシーに乗りドライバーに「I want to go Movenpick Hotel」と伝えて下さい。

【住所】Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン

 

モーベンピックホテルに着いたら、ホテルの敷地には入らずにタクシーから降ります。

そして、ホテルを背に右手にある細い通路へ進んで行って下さい。

この辺りへ行くと「アイランドホッピング」の客引きがいるので、値段と巡る島の交渉をして下さい。

 

この時、私たちは海洋保護区で有名な「ヒルトゥガン島」と、他2島はローカル客引きが勧めてきた合計3島を巡りました。

昼食やドリンクなどは含まれず、ボートチャーターと各島の入場料を含めて3,500ペソ(約7,300円)で交渉しました。

 

私たちは「アイランドホッピング」に行きたい日の前日に、ローカルの客引きと契約成立させていました。

わたし
わたし

もしアイランドホッピングに行く人数が増えれば、一人当たりの値段をもっと安くしてもらえる?

と交渉しました。

ですが、チキンな私たちは結局誰にも声をかけることが出来ずに、1人3500ペソで「アイランドホッピング」に参加しました。

1人3500ペソは少し高いなと思いましたが、ボートは私とダーリンの2人で貸し切りだったので、まあ妥当な金額かな~。というイメージでした。

 

マクタン・ニュータウン・ビーチ

2つ目の方法は「マクタン・ニュータウン・ビーチ」から帰ろうと、空き地を歩いていた時に、バイクタクシーをしていたローカルの人に、

突然「アイランドホッピング?」と声をかけられたので、話を聞いてみることにしました。

【住所】Lapu-Lapu, 6015 Lalawigan ng Cebu

私たちがバイクタクシーを利用していたわけではなく、他の乗客を送迎しながらも私たちに「アイランドホッピング」の営業をしてきました。

わたし
わたし

アグレッシブだな…(笑)

ダーリン
ダーリン

ちょっと怪しいけど、話だけ聞いてみようネ!

そして、乗客を降ろした彼が、私たちの元へ戻ってきました。

翌日に「アイランドホッピング」に行きたいと思っていたことと、事前に行きたい島をピックアップしていたので、彼にその島を伝えると昼食と島の入場料は含まれず1人あたり3000ペソでした。

私たちは4島巡ろうとしていたので「まあそんなところかな~。」という感じでした。

 

その後、値段交渉をして1人2500ペソ(約5,200円)で契約成立しました。

わたし
わたし

もしアイランドホッピングに行く人数が増えれば、一人当たりの値段をもっと安くしてもらえる?

ここでお得意の人数を稼いで安くする作戦へ。

答えはもちろんOK!

10人くらい乗れるボートだそうなので、あと4~6人くらい増えても大丈夫だよ!とのことでした。

 

翌日の待ち合わせ時間と場所を決め、彼と連絡交換をしてこの日はお別れ。

 

そしてこの日は、夕食を食べにセブシティへ行きました。

夕食前にセブシティ内の両替ショップに行くと、日本人の女の子グループが困っていました。

話しかけてみると、小さいお札で両替をしたいけれど、英語が話せないので困っていたようでした。

ダーリン
ダーリン

ボクが手伝ってあげるヨ!

と、ダーリンが彼女たちの両替のお手伝いしている間に、私はセブ島のことについて彼女たちと話していました。

そして、せっかくなので勇気を出して彼女たちに聞いてみることに。

 

わたし
わたし

明日アイランドホッピング行きませんか?

ボートをチャーターしたので、人数が多いほど安く行けるのですが…

残念ながら彼女たちは翌日、ツアーの予約をしていたそうで一緒に行くことはできませんでした。

 

そして、夕食のレストランに行くと、他の日本人の女の子グループがいたので、彼女たちにも聞いてみることにしました。

(お酒を飲んでいたので、先ほどとは打って変わって、余裕でナンパしました。笑)

 

彼女たちも予定があり断られてしまったので

わたし
わたし

もう2人で行こうね~。

ダーリン
ダーリン

残念だけどしかたないネ!

と、ダーリンと話をしていた時…

 

アイランドホッピングの話に興味があります!

突然、日本人のご家族連れのお父さんに声をかけて頂き、ツアーの詳細を説明しました。

一緒に行ってもいいですか?

わたし
わたし

もちろんです!

こうして私とダーリン、ご家族の合計6人になりました。

 

人数が増えたことを客引きに伝えると、なんと1人1,000ペソ(約2,000円)で、アイランドホッピングのボートをチャーターすることができました!

 

・ボート代:1人1,000ペソ(約2,000円)

・4島の入場料合計:750ペソ(約1,560円)

合計:1,750ペソ(約3,560円)

 

わたし
わたし

観光客だと破格すぎる金額!

以前、留学中に格安で「アイランドホッピング」に行ったのですが、その時は15人でBBQランチが付いて1人1,300ペソだったので、人数が多くなれば多いほど安く参加することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

用途に合わせて「アイランドホッピング」へ参加する方法をご紹介しました。

 

・日本語や安心感を重視するのであれば、日本からツアーを予約

・値段重視や現地の感覚に触れあいたい場合は、現地の客引きと交渉

 

現地の方とやり取りをする場合は、お金や持ち物など自分自身の管理はしっかりして、トラブルに巻き込まれないようにして下さいね!

 

次回は「アイランドホッピング」で巡る、おすすめの島をご紹介します!

わたし
わたし

お楽しみに~

 

以前の記事でも「アイランドポッピング」のことをご紹介しています。

よろしければご覧下さい!

3泊4日で行ける海外旅行!私のおすすめはフィリピンの「セブ島」

コメント