ウェルカムパーティーでザリガニを食べました!テキサス旅行(3)

テキサスへ旅行へ行きました(3)テキサス
スポンサーリンク

夫の地元であるテキサスに行った時のことを書いています。

今回は、私たちのウェルカムパーティー編!

【2-3日目】の出来事です。

スポンサーリンク

一軒家が大きいテキサス

夫の実家

お義父さんはパーティーが大好きで、夫が幼いころからよくホームパーティーをしていたそうです。

 

それなので、私たちがテキサスに行くと決まってから、みんなでパーティーしよう!ということになりました。

 

アメリカのお宅だしホームパーティーするくらいなのだから、ある程度広い家なんだろうなと思っていましたが、実際に行ってみて驚き…。

 

リビングが2つ、シャワーバスルームが3つ、お庭・プール付き、ガレージ3台分…

実はお金持ちなの?と夫を疑うと、日本とたいして一軒家の値段が変わらないようでした。

郊外に住む

ヒューストンは円形に高速道路が通っており、中心部(ダウンタウン)の円、2番目の円、3番目の円というように、徐々に中心部から離れていくことによって、住宅街となっていくようです。

一軒家を持つ人は2番目から3番目くらいに住んでいるようで、日本の都会と同じように、仕事や遊びは中心部に出るけど、自宅は郊外で30分から1時間ほどかけて中心部に行くというイメージだそうです。

と言っても、電車はヒューストンのダウンタウンの一部しか走っていないので、日本のように交通機関を使っての移動はほとんど不可能です。

 

夫の実家も同様に郊外に建っています。車ですぐのところにショッピングモールやスーパー、レストランなどもあり、とても便利な場所でした。

 

テキサスなので、もっと田舎をイメージしていましたが(←失礼)

意外と住みやすそうな場所でした。

パーティースタート

ザリガニ(crawfish)を食す

今回の旅行の時期はちょうどザリガニ(crawfish)のシーズンでした。

ということで、日本人の私のために日本ではなかなか食べることができない「ザリガニ」をメインディッシュにパーティー開始!

大量の生ザリガニ(crawfish)

家族や友達、ご近所さんたちがわらわら集まりすごい人数になっていました。(笑)

ザリガニの調理は男の仕事のようで、男性メンバー総出でセットアップしていました。

 

テキサスの人はcrawfishが大好きなようで、出来た瞬間すさまじい勢いでなくなりました。

味付けはお得意のケイジャンスパイスです。

(私は辛いものが好きなのでケイジャンスパイス大好き~)

ザリガニの味

肝心のザリガニの味ですが…

ザリガニ(crawfish)をケイジャンスパイスで調理

めっちゃおいしい!

夫が以前からイチオシしていただけあって、本当においしい!

 

甲殻類が好きな人は絶対に好きな味!

 

エビのような感じで殻を剥きますが、アメリカの人は頭のミソ食べないんですって。

周りが誰も食べてなかったので、こっそりと誰にもバレないように食べてみましたが、

 

めっちゃおいしい!!

 

食べないなんてもったいないな~。

けどさすがにみんなが食べてないので、食べれませんでした。

 

私はこのテキサスの旅で違うレストランでも自ら率先してcrawfish食べてました。

甲殻類大好きなんですよね~

 

ケイジャンスパイスのザリガニの味を分かりやすくいうと、手掴みレストランの「ダンシング・クラブ」みたいな感じです。

ダンシングクラブで食べれる手掴み料理

英語でのコミュニケーション

アルコールを飲むと英語が話せる

なぜか私はお酒を飲むと、英語がいつもより上手に話せるという特技を持っています。

 

それなので、このウェルカムパーティーの後半はめっちゃ英語が話せました。

(酔っぱらってそう思ってたのかもしれませんが。笑)

 

とはいえ、私のつたない英語で会話をしていたので、みんな気を使ってくれていたに違いありません。

ですが、私的はとても楽しかったのです。

 

お昼から始まったパーティーでしたが、気が付けばもう夜になってお開きに。

車社会なので、ドライバーはそれほどみんなお酒を飲んでいませんでした。

 

テキサス州では少しのアルコールなら運転していいそうです。

少しってどれくらい?と夫に尋ねたら、人によって違うと言われました。

アバウトなんですね…

家族全員でブランチ

ウェルカムパーティーの翌日は日曜日でした。

アメリカでは休日に家族でブランチに出かけるらしく、私たちも一家総出でブランチビュッフェへ。

 

昼前からブラッディマリーやミモザを飲むのが当たり前(?)らしく、ブランチ時にもアルコールが飲めました。

ブラッディマリー

朝から飲んでもいいなんてアメリカっていい国ですね!(笑)

 

そのあとは家に帰り、イースターのエッグハント(卵探しゲーム)を開催!

私たちが行ったときはイースターの後だったのですが、夫を含め家族全員が集まったのが1年以上ぶりだったのでお義母さんが企画してくれました。

 

子どもたち(23歳~35歳)で、真剣勝負。(笑)

なかなかカオスな光景でした。(笑)

エッグハントのカラフルなお菓子

さいごに

楽しい週末でしたが、月曜日からみんな仕事なので、遠くに住んいる兄弟たちは自宅に戻っていきました。

いちばん遠くからはLAから私たちに会いに来てくれました。

ありがと~!

 

そして私たちはこの日の夕方からオースティンとサンアントニオ旅行に出かけます!

コメント