文化の違いから起こる国際恋愛・国際結婚カップルのケンカと解決策

文化の違いによるケンカをどう乗り越える?国際結婚
スポンサーリンク

私はアメリカ人と国際結婚をしています。

大ケンカをしたことはあまりないのですが、小さなケンカはよく起こります。

そこで今回は、国際結婚をした私たち「国際カップル」のケンカの生態についてお伝えします。

 

わたし
わたし

大ゲンカには発展しませんが、結構ムカつくことが多いのです。(笑)

ダーリン
ダーリン

りりちゃんが勝手に怒ってるだけだよネ。

スポンサーリンク

文化の違いによるケンカ

男女の違いだけでもよくケンカ発展すると思いますが、私たちは「文化の違いによる」お互いに理解をすることが難しい出来事がたくさんあります。

わたし
わたし

日本人同士ならこんなケンカしないんだろうな~。

と思うこともしばしば。

それでは、実際にどんなことでケンカになったのか、エピソードを交えてご紹介していきます!

 

とにかく驚いたのが、カウチソファーに座りながらテーブルに脚を乗っけていたこと。

でも彼のアメリカ生活では、テーブルに脚を乗せることは普通だったみたいです。

彼の実家では、みんなテーブルに脚を乗っけてました。(笑)

ダーリン
ダーリン

アメリカではソファーに座りながら、脚を乗せることはフツーなことだヨ!

わたし
わたし

そんなことを日本でしたら、行儀が悪いと親から大目玉を食らうよ。

ダーリン
ダーリン

でも楽だからいいジャン。

わたし
わたし

私は嫌いだからやめてくれるかな?

ダーリン
ダーリン

え?イヤだな~。でも仕方ないから、りりちゃんの前ではしないよ!

かなり嫌々ではあったものの「ソファーに脚を乗せる」件は、話合いで解決しました。

 

交際中

ここがヘンだよ日本人

ダーリン
ダーリン

日本はここがヘンだよね。

彼は何かにつけて「日本人ってこういう所が変だよね。」と私に言ってきます。

まさに「ここがヘンだよ日本人」状態なのです。

悪気は全くないのですが、日本のことをディスってきます。

 

「ここがヘンだよ日本人」が放映されていた当時は、をテレビを見て笑っていましたが、いざ自分自身にこの状況が降りかかると全然笑えません。

ダーリンは日本を嫌いで言ってる訳ではないのですが、本当にやめて欲しいことでした。

わたし
わたし

言われる度にイライラする!

WHYジャパニーズピーポー

そして、もうひとつイライラの原因が彼から発せられる「ナゼナゼ」攻撃です。

ダーリン
ダーリン

これってどうしてこうなの?

 

なんでそうなるの?

 

WHY? WHY? WHY?

「WHY ジャパニーズピーポー!」の厚切りジェイソン並みの疑問を投げかけられます。

 

わたし
わたし

私に聞かないで!

そんなこと私だって知らないよ…。

日々、このような気持ちで過ごしていました。

イライラが募りケンカに発展

ある日、ストレスが溜まった私は彼に言いました。

わたし
わたし

そんなに日本がヘンなら、アメリカへ帰ったら?

ダーリン
ダーリン

そういう意味じゃないよ!

わたし
わたし

ヘンだと思う国でヘンな日本人と付き合う必要ある?

目についたものをすぐに「これ何?」って、言われるのもストレスが溜まる。

ダーリン
ダーリン

なんで?

わたし
わたし

私は日本の文化を教えてあげる人じゃないし、気になるなら先に自分で調べる努力をして!

ダーリン
ダーリン

・・・

ごめんね。

これからは、自分で調べてみる!

りりちゃんも日本も大好きだよ♪

 

これ以降、日本の事を「ヘン」とは言わなくなり「ナゼナゼ攻撃」もなくなりました。

こころの声
こころの声

よかった。よかった。

 

たまに外国人やアメリカに住んでいる友人に、日本のヘンな所をおもしろエピソードとして紹介しますが

ダーリン
ダーリン

ごめんね。悪口じゃないからね。

前置きを言ってくれるようになりました。

とても気を使ってくれています。(笑)

同棲中

アメリカと日本の家事の認識

いろんな意味で自立をしているアメリカ人。

 

家事をするのは女性と決まっている訳ではなく、自分の事は自分でするのが当たり前です。

加えて、生活費や家賃などの金銭面でも折半で50/50の関係性が当たり前のようです。

 

文面にすると働いてる女性にとっては、いい事ばかりですが、実際はそれほど上手くは行きません。

私たちのハウスルール

ご飯が作れないダーリンなので、私たちのご飯を作るのは私の担当です。

ご飯後の洗い物はダーリンが担当します。

その他の家事は「気づいた方が行う」というルールに決めました。

 

ですが「気づいた方が行う」という、ふんわりとしたニュアンスのせいでこのルール稼働しませんでした。

 

私が仕事終わりに、晩ご飯の買い出しをし、重たい荷物を抱えながら自宅に戻ると、ダーリンはゲームに夢中でした。

ゲームをすること自体はいいのですが、洗濯物がどっさりと溜まってる状況でした。

私が仕事を終えて帰宅するよりも、約3時間前に彼は帰宅しているにも関わらず家事を一切せずに、毎日ずーっとゲームをしていたのです。

 

さすがにこれは腹が立ちました!

ケンカ勃発

わたし
わたし

私は毎日のように仕事終わりに買い物をして、一度も座らず休憩もせずに、晩ご飯を作っているんだけど!

ダーリン
ダーリン

僕は毎日洗い物してるヨ?

わたし
わたし

洗い物なんて15分もあれば終わるでしょ!

ゲームをする時間があるなら、洗濯物をして欲しいんだけど!

ダーリン
ダーリン

ボクは一人暮らしの時、洗濯物は1週間に1回だったヨ。

わたし
わたし

今は二人分なんだから、1週間に1回じゃ足りない!

ダーリン
ダーリン

えーでもー…。

みなさんこのことをどう思われますか?

意味の分からない「洗濯物は1週間に1回ルール」

わたし
わたし

そんなルール私は適用しません!

 

さらに汗っかきなダーリンは、毎日2回ほど着替えをするので、私よりもはるかに洗濯物の量が多いのです。

洗濯の量が多いのはダーリンの服が原因。

こころの声
こころの声

これは戦うしかないっ!

と思い言い合いになりながら戦った結果、洗濯はダーリンの担当で解決しました。

この数ヵ月後に部屋の掃除問題も起こりましたが、こちらも洗濯事件と同様にダーリンの担当に決まりました。

 

わたし
わたし

同棲を始めてから家事の問題は、本当に大変なできごとでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

文化が違うので分かり合えないことは、仕方がないのですが「空気を感じとって何か行動を起こす」という事が、アメリカ人からすると理解ができないようです。

ダーリン
ダーリン

ボクだけじゃないからネ!

アメリカに「空気を読む」文化がないだけダヨ!

 

「空気を読む」ということが、幼い頃から「なんとなく理解ができる」という機能が備わっている日本人には、理解しがたいことでした。

わたし
わたし

もちろん、空気が読めない日本人もいますし、空気が読めるアメリカ人もいます。

 

とにかく、フラストレーションが溜まった時は、素直にお互いの気持ちを伝えることが大切でした。

だいたいは理解してくれるし、改善するための方法を導き出すことができると思います。

 

わたし
わたし

アメリカ人と交際をするのであれば「空気を読んでもらおう」と思わずに、自分が思っていることを正直に伝えることが重要です!

コメント