セブ島での結婚式会場と現地プランニング会社を決定しました!

セブ島での結婚式が決定しました海外挙式
スポンサーリンク

あめましておめでとうございます。

約1年後にセブ島で結婚式を挙げる予定でしたが、どこのホテルにするか。どのプランナー会社にお願いするか。いろいろ迷った結果、ついに決まりました!

スポンサーリンク

挙式(セレモニー)会場

以前から気になっていたプライベートビーチがあるセブ島のリゾートホテルで、セレモニーとレセプションを行うことに決め日にち確約のために、まずはホテルと契約を行いました。

会場の使用料は直接ホテルに支払う必要があるので、契約後に挙式(セレモニー)の会場使用料をホテル側にドルでお支払いました。

これで私たちが希望していた日にちでのセレモニーは確定しました。

リゾートホテルでのセレモニーの日にちは確定しましたが、装飾やプランナーは個人で手配する必要があるので、以前よりカウンセリングをしてもらっていた会社にお願いすることにしました。

プランニング会社

こちらの会社とも契約を行いました。

ホテルの会場使用料以外は全てが含まれているオールインクルーシブ(全部込み)のプランにすることにしました。

専属プランナー、セレモニー会場装飾、オーダーメイドウェディングドレス、ブライズメイドのドレス、オーダーメイドスーツ、ベストマンのスーツ、披露宴(レセプション)費用、フォトグラファー、動画、ウェディングケーキ、演奏、ゲストへの土産などが含まれているプランです。

(アルコールだけは別途、料金がかかります。)

費用の30%を先払いして正式に契約が成立しました。こちらの支払いはフィリピンペソでもアメリカドルでも良かったのですが、私たちの使用している銀行からはフィリピンへの送金はドルしかできなかったため、ドルで支払いました。

ただ日本円からドルへのレートの方が良かったので、日本円からペソ払いより数万円安く支払えました。

外貨支払いの場合、為替が関わってくるので支払い金額が変動してしまいます。

ドルで支払った1週間後さらに円高ドル安になっていました。

このタイミングで支払えばさらに支払いを数万円安くすることができました。残念です…

今回は総額の30%の支払いだったので数万円の誤差でしたが、支払いタイミングによっては総額で数十万円変わってくるので、外貨チェックが毎日欠かせなくなりました。(笑)

披露宴(レセプション)会場

レセプション会場もセレモニーと同じリゾートホテルで行います。レセプションもプライベートビーチにセッティングしてもらって野外でパーティーをします。

とても憧れていたシチュエーションで結婚式を行えることにワクワクしています。

野外ではありますがセブの結婚式の場合、日中は暑いので夕方から行うことが一般的なようです。私たちもこれにならって、夕方から結婚式を行う予定にしてます。

ゲストへの案内

航空券や長期休暇が必要になってくるので、日にち決定後は必ず行くと言ってくれているゲストには、すぐに連絡をしました。なるべく安くていいカタチで参加してもらえるよう、私たちも最善を尽くします。

招待状は郵送することが通常かと思いますが、私たちの場合はさまざまな国からゲストが来るために、郵送だと時間がかかったり返信の時も大変になるので、メールやメッセンジャーやLINEなどで案内を行うことにしました。

 

年末年始は結婚式の案内を作ったり、参加ゲストリストを作ったり忙しくなりそうです。

さいごに

アメリカの結婚式も、フィリピンの結婚式も参加したことがないので、現状ではあまりイメージが湧かないのですが、どの国のゲストにも喜んでもらえるよう、各国の結婚式文化を取り入れつつも私たちのオリジナリティー溢れる、最高の結婚式にできるように少しずつではありますが結婚式の準備を進めていっています。

コメント