セブ島「アイランドホッピング」で巡るオススメな離島をご紹介!

「アイランドホッピング」で巡る オススメな離島フィリピン
スポンサーリンク

私はセブ留学経験があります。

セブ留学後は日本へ帰国しましたが、今だにセブ島が大好きで幾度となく訪れています。

わたし
わたし

セブ島が大好きすぎて、結婚式はセブ島のリゾートホテルで行うほどです!

そこで今回は、セブ島マニアな私がおすすめする「アイランドホッピング」で巡るにふさわしい、キレイな離島をご紹介します!

 

アイランドホッピングの参加方法の記事もご覧下さい。

セブ島で人気No.1の「アイランドホッピング」への参加方法を解説

 

スポンサーリンク

ヒルトゥガン島(Gilutongan Island)


サンクチュアリ(海洋保護区)としても有名な「ヒルトゥガン島」です。

島周辺には南国らしいカラフルな熱帯魚がたくさんいます。

手が届きそうな距離でと一緒に泳ぐことができます。

 

「アイランドホッピング」のツアーだと、必ず訪れる島となります。

 

ヒルトゥガン島 入場料

100ペソ(約210円)

 

ナルスアン島(Nalusuan Island)

 

この投稿をInstagramで見る

 

_ 🇵🇭Nalusuan Island , Philippines 弾丸フィリピン① 【ナルスアン島】 1泊2日の弾丸フィリピン! アイランドホッピング! この2日間で島を合計5島周遊🛳 ナスルアン島は有名な島で、観光客めっちゃ居ましたが、 時間によっては誰も居なく、私達だけぐらいの時もあったりで 素晴らしい島でした 今まで行った海(そんな行ってない)の中で1番の綺麗さ… 海そこまですきではなかったんですが、たまにはありですね😆 . #traveldeeper #landscape_captures #awesomeearth #awesome_earthpix #stayandwander #instatraveling #instatrip #instatravel #travelgram #travelphotographer #travelawesome #instatraveler #places_wow #amazing_longexpo #earthofficial #tabigenic #retrip_global #retrip_news #aumo #camera_club_finders #photo_travelers #philippines #Cebu #nalusuanisland #アイランドホッピング #フィリピン #セブ島 #ナルスアン島

Aoi Ono (小野 葵)さん(@aoijapan7)がシェアした投稿 –


長い橋が有名な「ナルスアン島」です。

こちらでは海鮮BBQのレストランや、ココナッツジュースやお酒が飲めるバーがあります。

またフォトスポットもたくさんあり、インスタ映えを狙うなら必須の島となります。

また、橋周辺でシュノーケリングをすることも可能です。

 

こちらも「アイランドホッピング」のツアーだと、必ず訪れる島となります。

 

ナルスアン島 入場料

200ペソ(約420円)

 

カオハガン島(Caohagan Island)


島を散策したり、ビーチでゆっくりと過ごせる島です。

軽食やドリンクが販売しているので、木陰でジュースを飲みながら休憩するのがおすすめです。

 

そして、こちらの島のオーナーはなんと日本人なのです!

カオハガンについて執筆された本は当時ベストセラーになったそうです。

何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫) | 崎山 克彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで崎山 克彦の何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。崎山 克彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

その為、今もな多くの日本人観光客がカオハガンを訪れます。

宿泊施設がありカオハガンに滞在することも可能です。

 

カオハガン島 入場料

大人:200ペソ(約420円)

小人:100ペソ(約210円)

 

パンダノン島(Pandanon Island)

 

この投稿をInstagramで見る

 

pure bliss 🏖

Rianna Jacintoさん(@rianski)がシェアした投稿 –

「天国に一番近い島」と言われている「パンダノン島」

潮の満ち引きにより島の大きさが変わります。

浅瀬の海なので、お子様連れのご家族にぴったりな島です。

 

小さな魚やカニなどが砂浜にいて、小さい子供たちが楽しそうに生き物観察をしていました。

 

パンダノン島 入場料

150ペソ(約320円)

 

オランゴ島(Olango Island)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andy Densonさん(@andy.denson)がシェアした投稿


マクタン島から20分ほどで行ける「オランゴ島」

シュノーケリングはもちろん、ダイビングも可能です。

時期によっては、バードウォッチングもできるようです。

 

「アイランドポッピング」で何島も巡らなくていいな。と思う方は「オランゴ島」だけ訪れてみても良いかと思います。

 

前回の記事にある「ヒルトンポート」より、オランゴ島行きの船が出ています。

セブ島で人気No.1の「アイランドホッピング」への参加方法を解説

 

オランゴ島 入場料

入場料:25ペソ(約50円)

シュノーケリング:175ペソ(約360円)

ダイビング:100ペソ(約210円)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

セブ島に行くなら必須のアクティビティ「アイランドホッピング」

 

セブ島にはたくさんの島があるので、興味がある島を事前にチェックして訪れてみて下さい。

 

わたし
わたし

日帰りでたくさんの島に行けるのがいいですよね!

 

【アイランドホッピング】絶景ナルスアン島&ヒルトゥガン島の2島巡り!海洋保護区シュノーケリング<日本語ガイド/船上ランチ付/GoPro貸出/ホテル送迎可> - セブ島
海外旅行オプショナルツアーアクティビティの予約専門サイト。現地日本語ガイドがご案内します。安全安心の日本語ツアーは「タビナカ」におまかせ!

 

【allblue催行】フィリピン ヒルトゥガン&ソルバ島アイランドホッピングツアー!シュノーケル+体験ダイビング<BBQランチ/日本語ガイド> - セブ島
海外旅行オプショナルツアーアクティビティの予約専門サイト。現地日本語ガイドがご案内します。安全安心の日本語ツアーは「タビナカ」におまかせ!

 

コメント